毒親

血の轍15巻の発売日とネタバレ感想!収録話数や無料で読む方法も紹介

この記事では、ビッグコミックスペリオール連載の押見修造さん原作『血の轍』15巻の、

  • 発売日
  • ネタバレ感想・考察
  • 無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

『血の轍』15巻の発売日はいつ?

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『血の轍』の発売ペース

  • 10巻:2021年1月29日
  • 11巻:2021年6月28日
  • 12巻:2021年11月30日
  • 13巻:2022年4月28日
  • 14巻:2022年8月28日予想

『血の轍』の単行本は約4〜6ヶ月ペースで発売されていることから、15巻の発売日は2023年1月28日頃と予想されます。

こちらは、あくまで予想なの公式発表され次第、更新していきますね!

『血の轍』15巻のネタバレ

15巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

『血の轍』124話のネタバレ

部屋に入る静一…

静子が滞納している家賃を代わりに支払ってあげた静一。

静一は知らず知らずのうちに静子に取り込まれていました。

それは静一が静子の事を異性のように意識しているようにも見えていたのです。

勿論、認知症なので静一の事が分からない静子はお礼として、彼を部屋に招き入れます。

静子が自分の事をすっかり忘れてしまっている事に、苦悩している静一。

しかし、年老いている静子が以前のような美しさをしているように静一には見えていました。

『血の轍』125話のネタバレ

殴りかかろうとする…

大家と交渉して、静子が未払い中の家賃を代わりに支払う事で、彼女が路頭に迷うのを阻止した静一。

静子は自分のために色々としてくれた静一に感謝の意を示して、自分の部屋へと招き入れました。

言われるがまま、部屋の中へと入り込んだ静一は彼女からお茶を振舞われます。

認知症を患っている静子だが、目の前にいる男性が静一だと気づいてご無沙汰と声をかけて来たのです。

そう言われた静一は今まで抑えていた怒りを爆発させ、彼女にお茶をかけ、殴ろうとしました。

『血の轍』126話のネタバレ

怒る静一…

静子を思い切りぶん殴ろうとする静一。

しかしながら、泣いている彼女を見て、一旦矛を収めます。

静一はそんな静子に自分はこうまで悩まされないといけないのかと問いかけるも、彼女はただ泣いて謝罪しているだけでした。

そして静子は少女になり、早くあの世に逝きたいと口にします。

そうしたら、それ程までに命を絶ちたいならそうすればいいと怒る静一。

静子はただ恐怖に感じていて、そんな彼女を見ながら静一は家賃は支払うけど、これ以上関わる気はないとはっきり言いきって去っていくのでした。

 

『血の轍』127話のネタバレ

 

『血の轍』128話のネタバレ

 

『血の轍』129話のネタバレ

 

『血の轍』130話のネタバレ

 

『血の轍』131話のネタバレ

 

『血の轍』132話のネタバレ

血の轍15巻の感想・考察

異性として見てる…?

次回は静一が今の静子をどう見ているのか分かると思います。

老人となっている静子を見ていた際、以前の美しい彼女の事を思い浮かべていた事から異性として見ていたのでしょう。

それはもしかしたら、付き合う可能性も十分あると言う事です。

拳を収める…?

次回は静一が拳を収めるのではないかと思います。

最初はぶん殴ろうとすると思いますが、アパート内で暴力を振るっては他の住民達に怪しまれてしまいます。

それを過ぎった静一が何とか冷静になって拳を収めるのではないでしょうか。

完全に見限った…?

今回の話で、静一は完全に見限りましたね。

勿論、家賃は支払ってあげるけど、それ以外で関わる事を絶対にしないと言いました。

そう言い放ったと言う事は、もう完全に彼女に愛想をつかして見限ったと言う事なのでしょう。

まとめ

以上、『血の轍』15巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

押見修造さんの繊細な絵のタッチと人間のドロッとした部分をもっと感じたい、という場合は以下作品たちもおすすめですよ。

\山田金鉄さん新作『かさねと昴』/

»『かさねと昴』のネタバレ全話まとめ・1巻無料で読む方法はこちら!

こんな記事もおすすめ