エロ(R指定なし)

19歳の夏休み11巻ネタバレ感想!大介にバレ人生の終わりを確信する明美

この記事では、BSさん先生のエロシチュ青年漫画『19歳の夏休み』11巻のネタバレ・感想を紹介します。

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも早く『19歳の夏休み』の最新刊が読めますよ!
▼読み放題コースが7日間無料▼

コミックシーモア公式サイト※登録無料で半額クーポンがもらえます!

スポンサードサーチ

『19歳の夏休み』11巻のネタバレ紹介

大介にバレ人生の終わりを確信する明美

「大介?」と明美が呼びかけますが、いびきをかいて眠っている様子の大介。

寝てるのかと一応心音を確認する明美の耳に飛び込んできたのはバクバク激しく脈打つ心臓の音。

「やっぱり起きてる!どうしよう!!」とパニックになりますが、未だ寝たフリを続ける大介に、実は大介も楽しんでいるかもと考える明美。

しかしやはりその考えには無理があり「どうしよう、どうしよう、どうしよう、私の人生!!」と心の中で叫び、涙が溢れ出すのでした。

大介が翔太たちに言いふらしたら島中の人に知られてしまう、大介のモノさえ見なければ、そもそも泊めなければと泣き出す明美。

「うっ、ううっ」と明美の泣く声に「あの、先生」と起き上がる大介。

大介は「心配しないでください。言いふらしません。僕そんなに口軽くありませんから」と明美に優しく語ります。

ずっと1人だったから、寂しくてついと謝る明美。

ズボンが小さくて丸出しだった自分が悪いし以前失敗したこともある、そういうこともあると優しく微笑む大介。

なぜ寝たフリをしたのか質問する明美。

大介は自分が気付いてないフリをすれば何もなかったころに出来る、明美も衝動的なことだった、何より気まずいからと苦笑いしながら答える大介。

優しい言葉でダーと涙を流す明美に、もう泣かないでくださいと慰める大介なのでした。

その後、夜風を浴びながら他愛もない話散歩をする2人。

深呼吸しニコッと笑顔の大介に笑顔で返す明美。

「優しいのね、この子も。不安定でワガママだった私をいつも温かく包んでくれた遊馬みたいに」と大介に遊馬の面影を見るのでした。

母親ほどの女性の慰め方も知っている大介に感心していると、ふとあることに気付く明美。

何故かギンギンに膨らむ大介のモノに年齢的なものかしらと見なかったフリをします。

それに気付いた大介は明美に謝りながら、実は初体験だったこと、だからか意識してなくても元気になってしまうと照れながら話します。

そろそろ眠くなってきたから帰りましょうと提案する大介。

明美は大介に「私たち本当に朝起きたら何事もなかったかのように過ごすのよね?」と確認。

「はは、もちろんです。心配しないでください。死ぬまで秘密にしますから」と微笑む大介に「それなら、今夜だけ私の男になってくれる?」と大介にお願いする明美なのでした。

勉強と称して大介と行為を行おうとする明美

明美の提案にドキドキし、元気になっていく大介の股間。

その様子に今にもズボンを突き破ってしまいそうとドキドキする明美。

しかし「すみません、先生。それは、ちょっと」と申し訳なさそうに断る大介。

「あ、ご、ごめん。ごめんね、大介。きっと私正気じゃないのよ」と再び泣き出してしまう明美。

泣きながら謝り続ける明美を、困ったような表情で慰める大介。

家に着いてからも泣き続ける明美に添い寝し、さっきも寝たフリするの大変だったし気持ち良かった、でも自分の恩師だし母親の友達だからと自分の考えを伝えます。

「大介は私より大人ね。もう少しだけ抱きしめてくれる?」とお願いしつつ、大介のモノを触る明美。

「あの、先生」と止めようとしますが、涙でうるうるの顔で見つめる明美を止めることが出来ない大介。

明美は股間、胸とどんどんエスカレートさせていき、ズボンも脱がせます。

大介のモノを明るいところで見て興奮する明美は、どうにかして行為を行いたいと考えます。

ここまでされても意外とされるがままの大介。

大介は頭では拒まなけれがいけないと思っているのに拒めません。

昔のように先生と生徒の関係のように接し、優しく話す明美にドキドキが止まらない大介。

「勉強だと思えばいいの。難しく考える必要はないわ。不足してた科目の補習授業。私の大切な生徒に教えてあげたいの」と大介のモノを自分の中に入れる明美なのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『19歳の夏休み』11巻の感想・考察

大介にバレてしまって人生の終わりを覚悟した明美でしたが、大介は優しく死ぬまで言わないと明美に伝えます。

その言葉に助けられた明美でしたが、まだまだ大介と行為をするのを諦められない様子。

大介が押しに弱いことに気付いた明美は攻勢を強めていきます。

補習授業と称して大介と行為をしようと画策し、大介もそれを受け入れる展開になりました。

このままバレずに2人は行為で寝ている紗月にバレないか心配です。

果たして補習授業はうまくいくのでしょうか?

▼読み放題コースが7日間無料▼

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『19歳の夏休み』11巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

大介にバレて人生の終わりを確信する明美。

大介はそんな明美を安心させるため、優しく慰めるのでした。

もし、同じような非日常な恋愛漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ