エロ(R指定なし)

ペッタん娘じゃダメですか?10巻ネタバレ感想!青葉とここのの間に入ってあげるこむぎ

この記事では、あむ先生の漫画『ペッタん娘じゃダメですか?』10巻のネタバレ・感想を紹介します。

ペッタん娘を半額で読む※登録後すぐに半額クーポンGET!

スポンサードサーチ

『ペッタん娘じゃダメですか?』10巻のネタバレ紹介

青葉とここのの間に入ってあげるこむぎ

「夏川こむぎです!今日からよろしくお願いします!!」と元気よく挨拶をするこむぎ。

こむぎを見た青葉は「わー、凄いちっちゃい娘だなぁ。ここのちゃんみたいに胸もちっちゃい」と固まります。

青葉の様子に「あの」と声をかけるこむぎ。

青葉はビクッとして謝りつつ自己紹介をし「高校生だよね?ちゃんとバイトして偉いね」と褒めると「そんなに若く見えますぅう?」と何故か照れるこむぎなのでした。

まさか大学生と訊ねますが、年齢なんていいじゃないですかとはぐらかされます。

その後、こむぎに仕事を教える青葉。

そうこうしていると「おはようございます」とここのが出社してきました。

ここのの声に焦る青葉。

この前のことを謝らなきゃと思いつつもこむぎがいるため変な空気にならないか等考えパニックになった青葉は、こむぎとここのが挨拶している間に「レジ、2人でお願いします!」とだけ言い残し去って行きます。

不思議そうにするこむぎと気まずい表情のここの。

青葉とここの雰囲気からこむぎも何かを察した様子。

2人から離れた青葉は自分に怒っていました。

謝るのは後にしても笑顔で挨拶くらい出来ただろうと後悔する青葉。

自分はここのがしたことを心の奥底では許せないのかと自問自答するのでした。

一方その頃、最近妙にご機嫌な桐山は今日もニコニコしていて、その様子を見た宇佐美は若干引き気味です。

宇佐美は桐山が読んでいる金魚の飼い方の本は何と質問。

「あいつの部屋に金魚いてさ~、なかなか可愛いんだなコレが。共通の話題にもなるし、飼うのもアリかなぁって」と浮かれた様子の桐山に「アイツって一体誰なのよ!?」とモヤモヤする宇佐美。

一応アドバイスとして話題のために飼うのはどうかと思うと伝えると「もしかして引かれる!?オレ普通の感覚とか持ち合わせてないし!!引かれるのは嫌だぞ!!」と焦る桐山。

誰に引かれる事を恐れているのかと呆れていた宇佐美ですが、ふとある考えが頭をよぎります。

「さてはついに好きな子がッ」とショックを受ける宇佐美。

宇佐美は桐山に釣り合うように軽いセフレを演じていたのに、急に横から現れて「私の桐山」をかっさらうとはありえないと焦ります。

そして、「もう話すしかないかもしれない。どうしても言い出せなかったあの事。手遅れになる前に、桐山に言わなきゃ!!」と決心する宇佐美なのでした。

ところ変わって更衣室。

こむぎに「ここ数日勝手にずっと観察しちゃってたんですが。ここのちゃん、青葉くんと何かありましたよね?目も合わせないで」と言われ、ギクリッとするここの。

誰かと気まずい時は間に誰かが入るのが1番、なんでも相談してと言うこむぎ。

何だか楽しそうと思いながらも「いえ、人に言えるような話じゃ。私が悪いのはたしかです」と言うここのに「それでもね!他人のすべてを否定するなんて傲慢だと思うの!青葉くんがあなたを悪いと言っても!そんなの気にしちゃダメ!勝手に幻滅されてもね~って話よ」と更衣室の外で聞いている青葉に聞こえるように言うのでした。

ここのが帰ると今度は青葉に「あなたはこのままでいいの?ここのちゃんの事好きなんでしょ?」と質問するこむぎ。

こむぎの洞察力に感心しつつも、頭では謝らなきゃと考えているが上手くいかないと悩む青葉。

しかし「でも悩んでる暇ないかもね~。ここのちゃんの心が、他の誰かに向いてしまったら手遅れだもの」と何かに気付いたこむぎ。

青葉がこむぎの視線の先を見ると仲良さそうに一緒に帰るここのと桐山の姿がありました。

本当なら桐山いる場所には自分がいるはずだったのにと拳を握るのでした。

こむぎはここのが何をしたのか分からないが人には言えないような趣味は1つや2つあると思っていました。

こむぎの人には言えない趣味は条件付きのパパ活。

元々自分の乳首が下品に見えてコンプレックスでした。

彼氏ができても見せれなくて上手くいかない…。

そんな中SNSに載せてみたら意外に反響があり、需要があるんだと歯止めが効かなくなり条件付きのパパ活を始めたのでした。

パパ活の最中、ここのもここなら人気になれるのに、一緒にやらないかなと感じるこむぎなのでした。

場所は変わり宇佐美に呼び出された桐山。

せっかくここのと楽しくしていたのに呼び出されて不満な様子です。

宇佐美は謝りつつ学校では聞かれたくない話だと桐山に言います。

桐山は「もしかして、妊娠した?とか??」と恐る恐る質問します。

何も答えない宇佐美に、セフレが多いのはいいけどちゃんと避妊だけはしろと言っただろと言い、相手の男はなんて言ってるのかと矢継ぎ早に質問します。

宇佐美がこれから聞くと言い「私、セフレなんて本当はいないの、桐山以外。だからこの子はッ、桐山の子なの!!」と衝撃の発言。

頭の中に「?」がたくさん広がる桐山なのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『ペッタん娘じゃダメですか?』10巻の感想・考察

今回登場したこむぎ。

悩みを聞いてあげるお姉さんキャラです。

面白がって首を突っ込んでいる気がしましたが、意外にもまともな意見を言ってくれる頼れるお姉さんでした。

年齢は割と上のような気がしますが…。

青葉とここのの気まずさをキャッチしアドバイスしていました。

ただこむぎは危ない趣味があるので、ここのを巻き込まないか心配ではあります。

一方、桐山とここのは良い感じ。

この2人がくっつく方が幸せな感じがします。

そして、桐山に想いを寄せる宇佐美が衝撃の発言。

桐山を振り向かせる嘘なのか、本当の事なのか、どちらにしても次回の展開が楽しみです。

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも先に『ペッタん娘じゃダメですか?』の最新刊が読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『ペッタん娘じゃダメですか?』10巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

未だ気まずさを抱えるここのと青葉。

新しく入ったこむぎが2人の間に入って解決しようと頑張るのでした。

もし、同じような微エロ漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ