モラハラ・DV

君がそれを愛と呼んでも11巻のネタバレ感想!15歳の明日花に起きたのは…

この記事では、先生の漫画『君がそれを愛と呼んでも』11巻のネタバレ・感想を紹介します。

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『君がそれを愛と呼んでも』11巻のネタバレ紹介

15歳の明日花に起きたのは…

明日花が15歳の冬、父親が亡くなり叔母の元に引き取られることとなりました。

叔母は気が強く、歓迎できない明日花に対してつらく当たります。

家事を進んで手伝っても褒めることなくなじるばかり、明日花は消耗して体調を崩してしまいました。

どんどん追い詰められるばかりで、言葉の綾を真に受けてついに自殺未遂!

それすらなじられることで極限状態に達した結果、離人感を起こした明日花は人形のようになってしまいます。

高校を卒業すると同時に叔母の家を出た明日花。

解放されるやいなや涙があふれて止まらなくなり、まるで幽霊のように過ごした日々と対比して、父から虐待されていた日々を(私は父に愛されていた)と誤認してしまうのでした。

スポンサードサーチ

『君がそれを愛と呼んでも』11巻の感想・考察

明日花は本当の愛に気づけるか

精神的な虐待を受け続けた結果、肉体的な虐待を愛と誤認するようになってしまった明日花!

その闇はあまりにも深く、一朝一夕でどうにかなるものではなさそうです。

朋和が与える愛をきっかけに、その歪みがやわらいでいくといいのですが…!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『君がそれを愛と呼んでも』11巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

もし、同じような微エロ漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ