エロ(R指定なし)

私が15歳ではなくなっても。9巻ネタバレ感想!おかしな方向に進むシイナと正太郎

この記事では、あむ先生の漫画『私が15歳ではなくなっても。』9巻のネタバレ・感想を紹介します。

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『私が15歳ではなくなっても。』9巻のネタバレ紹介

おかしな方向に進むシイナと正太郎

シイナは今まで何人もの危ない大人を相手にしていました。

それはかなり危ない状況もあり、股間を蹴り途中で逃げ出したこともあります。

そんなことを考えていると正太郎の握る手が強すぎて「あの握りすぎ、です」と正太郎に伝えると「あっ、ごっっごめんっ」と慌てて手を放す正太郎。

その不慣れな様子に少し顔がほころぶシイナ。

そんな2人の様子を陰から見つめるここあ。

父親のほうから強く握りしめる手、それは2人のこれからを想像するのに十分な情報でここあは絶望するのでした。

ここあの気が抜けている間にタクシーで移動を始める2人。

ここあも慌ててタクシーを拾い追いかけます。

しばらくすると運転手が「あ、あの、降りましたが、前のタクシー」と恐る恐る伝えます。

そして、ホテルに入りエレベーターに乗った2人を走って追いかけるここあ。

ここあは今の自分の感情が分からなくなっていました。

2人の関係は明白で、それを止めたいのか、自分の目で確かめたいのか、殺したいのか、としたら2人のどちらなのか、そんな葛藤をしつつ非常階段を駆け上がるのでした。

部屋に入った正太郎とシイナ。

部屋に入るなり「前はあの器具がどういうものか知らなかった。使い方を調べて、丁度良いと思った。岩下さん!裸になってこれに繋がれて下さい!」と拷問器具を指さすシイナ。

「なっ、何をっ!?」と困惑する正太郎。

前回正太郎が逃げて未遂に終わったため、今回は逃げ出さないようにするためだと言うシイナなのでした。

一方、ここあは部屋に入った正太郎たちの様子を探るため、廊下の窓から外の配管を伝って行く決意をします。

そんなこととは知らず、部屋では正太郎が困っていました。

「何を嫌がることがあるんですか?男性は自らの情けない姿を見られて喜ぶと」と力説するシイナに「ちょっ、情報偏りすぎじゃないですか!?どんなエロサイトみたんですか!」と反論する正太郎。

その言葉に顔を赤らめ「なっ、あっあなたがホテルに来たいと言ったんでしょう!?そんな態度ならさせてあげませんよ!?」と怒り始めるシイナ。

仕方なくシイナの提案に承諾する正太郎。

外配管に足を掛けたここあは、自分の行動があまりにも無理があり諦めようとしますが、正太郎を取り戻すため意を決して歩を進めます。

部屋の中では正太郎は裸になり股間を隠していました。

「何隠してるんですか。それじゃ繋げないでしょう。バンザイして両足広げる!」と強い口調で怒るシイナ。

正太郎が手を外すのを確認したシイナですが「なっなんでもうそんなガチガチになってるんですかっ」と困惑します。

「ぼ、僕は、本当はこんな風に何もかも曝け出してみたかったのかもしれない」と恥ずかしそうに語る正太郎。

外の壁では通行人もここあに気付き、止めるよう声をかけますが無視して「もうっ、もう少しっ。いけるっ、いけるっ」と自分を鼓舞しながら進むここあ。

その時、配管が外れてしまいます。

部屋の中ではシイナに服を脱いでくださいと懇願する正太郎。

外は通行人がここあが落下しても大丈夫なように布団を慌てて積み上げています。

必死で配管にしがみつくここあの脳裏には正太郎の顔が浮かびます。

そんな緊急事態も知らず部屋の中ではシイナが正太郎にもっと懇願するよう罵っていました。

「おっお願いしますぅぅぅ」と懇願する正太郎に「アハハ、情けないっ。そんなしてまで私に脱いでほしいの!?」とシイナ。

「はいッ僕はクズっ。15歳のシイナさんと犯罪行為したいんですぅぅ」と正太郎が懇願するとシイナは「もっと、もっとっ、もっと私を求めなさいっ」と更に興奮します。

その瞬間、窓ガラスが割れここあが部屋に飛び込んできます。

その状況に気付いたシイナと気付いていない正太郎。

「そうっ、僕は娘とっ、ここあと同い年の女の子と変態犯罪プレイをするゴミなんですぅぅぅ」とここあの前で全裸で磔にされた正太郎は叫ぶのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『私が15歳ではなくなっても。』9巻の感想・考察

前回、ついに正太郎とシイナが密会している所に遭遇したここあ。

ここあに尾行されているとは知らず2人はホテルへと向かいます。

そんな2人を複雑な心境で追いかけるここあ。

見下していた相手に自分の父親を取られるという状況にここあは壊れてしまいそうです。

しかも部屋に入った2人を窓の外の配管を伝って行くという執念もすごいです。

そして、シイナと正太郎はまた未遂で終わるかと思いきや、何故かSMプレイに発展するという展開に…。

さらに2人とも何故か興奮してエスカレートしていきます。

ビルから落下しかけて何とか部屋に飛び込み九死に一生を得たここあの目に飛び込んできたのは、全裸で磔にされた正太郎が大声で「そうっ、僕は娘とっ、ここあと同い年の女の子と変態犯罪プレイをするゴミなんですぅぅぅ」と叫ぶところでした。

これはもう言い逃れ出来ない状況です。

次回はとんでもない修羅場を迎えそうです…。

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも先に『私が15歳ではなくなっても。』の最新刊が読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『私が15歳ではなくなっても。』9巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

シイナと正太郎はホテルで何故かSMプレイに発展してしまいます。

そんな2人を追いかけるここあは、ビルの壁の配管を伝って何とか2人のいる部屋に飛び込むことに成功します。

しかし、ここあの目に飛び込んできたのは衝撃の光景でした。

もし、同じような微エロ漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ