毒親

血の轍13巻の発売日とネタバレ感想!

この記事では、ビッグコミックスペリオール連載の押見修造さん原作『血の轍』13巻の、

  • 発売日
  • ネタバレ感想・考察
  • 無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

スポンサードサーチ

『血の轍』13巻の発売日はいつ?

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『血の轍』の発売ペース

  • 4巻:2018年9月28日
  • 5巻:2019年2月28日
  • 6巻:2019年8月30日
  • 7巻:2019年12月26日
  • 8巻:2020年4月24日
  • 9巻:2020年8月28日
  • 10巻:2021年1月29日
  • 11巻:2021年6月28日

『血の轍』の単行本は約4〜6ヶ月ペースで発売されていることから、13巻の発売日は2021年4月28日頃と予想されます。

こちらは、あくまで予想なの公式発表され次第、更新していきますね!

スポンサードサーチ

『血の轍』13巻のネタバレ

13巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

※106話〜114話まで収録予定。

『血の轍』106話のネタバレ

衝撃の発言…

母親を辞める発言した静子は続けて、静一は欲しくなかったと発言します。

静子はそもそも静一を産めば、これまで得られなかった愛情を得られると思っていたため、自分の事しか考えていなかったのです。

この発言から出ていくように言われるも、一時は産むべきでは無かったのではないかとも思ったと言う静子。

対する静一は冷静に聞いていました。

そして静子は静一は人を始末したから、母親と言う役目を辞めて自由になると嬉々としながら言っていたのです。

止めと言わんばかりに人を始末してくれた助かったと言いつつ、さようならと言い放った静子。

これには静一は唖然とするしか出来なかったのです。

『血の轍』107話のネタバレ

 

『血の轍』108話のネタバレ

 

『血の轍』109話のネタバレ

 

『血の轍』110話のネタバレ

 

『血の轍』111話のネタバレ

 

『血の轍』112話のネタバレ

 

『血の轍』113話のネタバレ

 

『血の轍』114話のネタバレ

 

スポンサードサーチ

血の轍13巻の感想・考察

ただただ恐ろしい…?

今回の話で静子は非常に怖くなりましたね。

きっと静一が警察に捕まった時点で、このような事を考えていたのかもしれません。

まぁ、人を始末したのだから突き放すのは十分あり得る話ですが、突き放し方が怖すぎてトラウマになりそうです。

 

まとめ

以上、『血の轍』13巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

押見修造さんの繊細な絵のタッチと人間のドロッとした部分をもっと感じたい、という場合は以下作品たちもおすすめですよ。

こんな記事もおすすめ