サスペンス

ワタシってサバサバしてるから39話のネタバレ感想!派遣会社の面談であの言葉を言われる網浜

この記事では、とらふぐ/江口心先生のコミックなにとぞ連載漫画『ワタシってサバサバしてるから』39話のネタバレ・感想を紹介します。

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

スポンサードサーチ

『ワタシってサバサバしてるから』39話のネタバレ紹介

派遣会社の面談であの言葉を言われる網浜

スカウトが全く来ない状況から数日後、網浜はとある場所に来ていました。

そこは人材派遣会社でした。

網浜自身は「別に派遣会社に登録するわけじゃないからっ。ちょっとした市場調査だから」と考えていました。

そんな網浜の元に「お待たせしました!広瀬と申します」と爽やかな男性が現れ、「お!結構いい感じじゃん」とニヤける網浜。

簡単な挨拶を済ませた2人はミーティングスペースで面談を始めます。

面談が始まると早速広瀬から「本田麻衣さんからの紹介ですね!本田さんのご友人なら大歓迎です!本田さんは本当に優秀な方でしたから」と本田の話をされ「友人じゃねぇ~し」とイライラする網浜。

イライラしていた網浜に経歴を訊ねる広瀬。

「待ってましたぁ!」と自信満々に「最終学歴は早慶大学です。あの名門って言われる難関大学です」と答えます。

広瀬に「ほぉ!優秀なんですね」と言われ調子に乗った網浜は、出版社の編集部での自身の武勇伝を得意気に語ります。

得意気に話す網浜に広瀬は「編集者として具体的にどんな仕事をされていましたか?」と訊ねます。

「例えば〜」と網浜は今まで編集部でしていた仕事を語り始めました。

問い合わせ対応、資料の取りまとめ、取引先との懇親会への参加などをあげ、「ワタシっていわゆるサバサバ系女子っていうか〜、仕事もサクサクこなすんで周りからも頼りにされちゃってたんですよね〜」と自信満々に答えます。

そんな網浜にもう少し詳細な仕事内容を教えてくださいと、広瀬は少し困った表情です。

「何言ってんのコイツ?顔がいいだけでまさかの無能かよ。さすが本田麻衣の紹介だわ」と内心呆れる網浜。

「だ〜か〜ら〜、今話しましたよね?」と面倒臭そうに言う網浜に「いえ、網浜さんが今お話された内容は、編集者としてのキャリアとは言えません。数年間編集部にいたんですよね?今まで何をやってこられたんでしょうか?」と広瀬は返します。

その言葉にドキッとする網浜。

千堂にも前に同じことを言われたことを思い出し「っんだよ、どいつもこいつも!!」とギリギリと拳を握る網浜なのでした。

スポンサードサーチ

『ワタシってサバサバしてるから』39話の感想・考察

市場調査と言い訳しつつ派遣会社の面談にやってきた網浜。

本田から紹介された広瀬が意外にイケメンで浮かれていました。

しかし、本田の話題が出てイライラ。

まだ本田のことが嫌いなようです。

そして、肝心の面談では広瀬に編集者としての仕事内容を質問され、得意気に答える網浜でしたが、その内容は編集者としての内容ではなく、ただ会社でしていた仕事しか答えられない網浜。

結果、広瀬に「数年間、編集部にいたんですよね?今まで何をやってこられたのでしょうか?」と言われ、千堂の言葉がフラッシュバックするのでした。

編集者として網浜に何か実績はあるのでしょうか?

このままでは面談は失敗してしまいそうです。

次回のお話が楽しみです、

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『ワタシってサバサバしてるから』39話のネタバレ・感想考察の紹介になります。

スカウトが来ない状況の網浜は、市場調査と言い聞かせ本田に紹介された派遣会社の面談に来ていました。

面談では編集部でしていた仕事を話しますが、それは編集者としての仕事ではありません。

結果、千堂にも言われたあの言葉を言われてしまうのでした。

おすすめ漫画|コミックなにとぞ

同じ掲載先「コミックなにとぞ」で、かなりぶっ飛んだOL漫画のおすすめ3選はこちら!

こんな記事もおすすめ