エロ(R指定なし)

レンタル妻2巻ネタバレ感想!今回の依頼主は離婚して半年の東

この記事では、白石なぎさ先生の漫画『レンタル妻』2巻のネタバレ・感想を紹介します。

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも早く『レンタル妻』の最新刊が読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※登録無料で半額クーポンがもらえます!

スポンサードサーチ

『レンタル妻』2巻のネタバレ紹介

今回の依頼主は離婚して半年の東

「東くん。ちょっと来なさい」と課長に呼ばれ、憂鬱な表情を浮かべる東。

課長はネチネチと説教を始め、反論したいが出来ない東はどんどんイライラとストレスが溜まるのでした。

説教も終わり喫煙室に来た東。

東を見た同僚達は「お疲れ~、災難だったな。しっかし今日は一段と長かったな~」と同情顔。

どうやら課長は旦那と喧嘩中らしくそのとばっちりまで受けたようです。

東は同僚を飲みに誘いますが、飲んで帰ると嫁が怒ると断られるのでした。

1人になった東は同僚の言葉に、家に帰ってまでグチグチ言われたくないな、その点自分は半年前に離婚したから気が楽だと思いながら煙草を吸うのでした。

東は元妻と共働きでした。

その結果、食事のことや家の手伝いを巡って喧嘩になるという余裕のない生活を送ることになり離婚してしまったのでした。

今は家に帰るのが気楽になった東ですが、今日のような日は家に帰ると独りというのも堪えます。

適当にスーツを脱ぎ、レンジでカレーを温め食べる東ですが、「マズい」。

新婚の時は元妻が美味しい料理を作ってくれたのが、結婚して良かったなと感じたことでした。

ため息をつきながら、いい加減コンビニ弁当も飽きてきた東がスマホを見ていると「レンタル妻」の広告が目に入りました。

「なんだコリャ。人妻専門の風俗か?」と読み進めていく東。

夜の営み付きの家政婦かと思い、部屋も汚いし思い切って頼むことにしました。

後日、レンタル妻ミユが家にやって来て、緊張しながら説明を受ける東。

説明も終わり夕食の買い出しに出掛けたミユ。

戻って来たら夫婦の時間の始まりです。

元妻の気遣いに今更気付く東

「ただいまー」と帰って来たミユ。

「あなた、運ぶの手伝って!今日はあなたの大好きなカレーよ」とミユに言われ荷物を運ぶ手伝いをする東。

荷物を持つと意外に重くて、元妻にもよく買い物の手伝い頼まれたなと思い出します。

ミユが料理を作っている間、東はテレビを見ながらソワソワ。

「はい、お待たせ!」と出来上がったカレーを見て目を輝かせる東。

「うまい!」と言うと「そう?よかった~」とミユも笑顔。

レトルトや専門店まで食べたが家で食べるカレーが1番と嬉しそうな東に、愛が込めてあるからとミユ。

その言葉に、元妻は全然作ってくれなくなったと実感する東。

そして、夜の営みの時間。

自分が頑張るからリラックスしててと口で奉仕するミユ。

その後、2人は激しく愛し合い最高潮を迎えるのでした。

東が眠った後、片付けや掃除を始めるミユ。

流しもピカピカに鳴り一息ついたところで、東のスーツがヨレヨレなのに気付きます。

「もっと早く気付いていてばクリーニングに出せたんだけど。とりあえずブラシだけでも」とスーツをブラッシングし、靴も磨きます。

朝、東は目覚めと同時に腰が痛み「腰が。この感じ、久しぶりだな」と夫婦を実感。

「おはよう、あなた」とミユが朝食を作っていて、久しぶりの感覚に感動します。

朝食も終わり、時間になったので帰るミユ。

東は領収書を見ながら「高っ!コレなら風俗のほうが安上がりだな。でも」と家の中がピカピカで「妻」をしてもらった実感を感じる東。

そして、綺麗になったスーツを見て元妻のことを思い出します。

元妻が出て行く日、「そのスーツがクリーニングに出してあった最後の1着だから。これからは毎週末にでも自分で出しにいってね。あと、脱いだら毎回ブラシかけてしまってね。それから」と言う元妻の言葉に舌打ちし「もう行くから」とちゃんと聞かなかった東。

元妻は最後まで「妻」でいてくれたんだと感じ、それなのに自分はと恥じるのでした。

せめて「今までありがとう」くらい言えばよかった、だから愛想尽かされるんだと後悔。

しかし、後悔しても仕方ないとミユのカレーを食べる東。

次の日、「外回り行ってきます!」と元気よく仕事する東は足取りも軽く、綺麗なスーツとピカピカの靴で営業に出掛けるのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『レンタル妻』2巻の感想・考察

今回の依頼主は半年前に離婚した東。

大変な営業の仕事と上司の説教を受けながら、荒んだ毎日を送っていました。

これは堪える日々です…。

同僚を飲みに誘っても断られ、コンビニで買った食事にも飽きてきたある日、スマホで「レンタル妻」の広告を見つけ頼むことに。

やって来たミユの「妻」としての働きぶりに感動し、元妻への思いもこみ上げてくる東。

最後まで「妻」をしてくれた元妻にお礼くらい言えば良かった等見つめ直すという展開。

ミユの癒しで人生を見つめ直すというのは素晴らしいと思いました。

結果、仕事にもやる気が出たみたいです。

ただ、癒すだけでなく、毎日のモチベーションをあげるミユは本当に「理想の妻」です。

次回はどんな依頼主でしょうか?

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『レンタル妻』2巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

元妻と別れて半年の東の「レンタル妻」をすることになったミユ。

ミユの「妻」ぶりに元妻への思いがこみ上げてくる東なのでした。

もし、同じような非日常な恋愛漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ