エロ(R指定なし)

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない6巻ネタバレ感想!深月たち以外の生存者からの無線連絡

この記事では、増田ちひろ/裏地ろくろ先生の漫画『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』6巻のネタバレ・感想を紹介します。

ゾンビのあふれた世界でを2巻無料で読む&登録後すぐに半額クーポンGET!

スポンサードサーチ

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』6巻のネタバレ紹介

深月たち以外の生存者からの無線連絡

今日は天気が良いので屋上で洗濯物を干している深月。

3日で戻ると出掛けた雄介が帰って来なくて4日目に入り、何かあったのではと心配していました。

しかし、きっと大丈夫だから任されたことをやろうと気を取り直すのでした。

深月たちに任されたことは保存食の燻製作り、山で生活する時の練習で水耕栽培です。

水耕栽培は意外にも優たちが楽しそうにやっていて、久しぶりの笑顔に明るくなる深月。

暗い雰囲気などは伝染するので、頑張って明るく生きようと決心するのでした。

ある程度必要な物も揃い2階を見ていた深月は懐かしい服を見つけ試着していると、雄介が帰ってきました。

少し浮かない顔の雄介に何かあったか訊ねると、どうやら外のゾンビが少なくなっってきているとのこと。

外を出歩くゾンビが減っただけだから、電気があるうちはここに留まると伝える雄介。

そんな雄介に山での暮らし用の情報をまとめたノートを渡す深月。

とても分かりやすいノートに頭を使う仕事は深月にやらせた方がいいかもと言われ嬉しそうな深月なのでした。

ニヤけていると雄介から「その格好は?」と当然の質問を言われドキッと焦る深月。

気分転換にと恥ずかしそうに答えます。

結局そのまま行為をすることに。

試着室の鏡に自分が行為をしている姿が見えて怖がる深月。

それを聞いた雄介は深月を床に押し倒し最高潮を迎える2人。

最後まで雄介に抱きつき何故か安心感を感じる深月なのでした。

その後、山籠りの準備のための道具や食料をトラックに詰めていた雄介。

ガタッという音が背後から聞こえたため拳銃を構え、音が聞こえたドアを開くと中にはゾンビが。

安心した雄介ですが、ゾンビとは違った匂いがする部屋に不思議がっていると、深月からトランシーバーで無線から女性が助けを求める声が聞こえると連絡がありました。

ドアの中を調べるのは後にし深月たちの元へ向かう雄介。

「助けて、助けてよぉ、だれかぁ」と言う声。

女の方が安心するから深月に応答を指示し、向こうの場所だけ聞いてこちらの情報を与えないようにと伝えます。

緊張しながら「あの、こんにちは」と話す深月。

女性は大声で助けを求めてきますが、あることに気付いた雄介は無線を切ります。

雄介は相手の後ろに他の人物の足音が聞こえた、脅されてるかもしれないが助けるメリットもないから変な考えは起こすなよと深月に釘を刺します。

夜中、急に起き上がった雄介に声をかける深月。

どうやら暖房が止まったらしく様子を見に行くとのこと。

2人が屋上に出ると町は真っ暗で停電のようです。

「武村さん!あそこ!」と叫ぶ深月が指差した先には割と大きな火事が起こっていました。

「おまえら、いつでも出られる準備しとけ。ヤバそうならすぐ出発する。ガキども起こしとけよ」と雄介。

雄介は火事の様子を見に行くのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』6巻の感想・考察

今回は移住する時のための練習などを始めた深月たち。

意外にも栽培は楽しいようで久しぶりに優たちの笑顔を見て安心した深月。

やはり優たちもなんだかんだ無理をしていたのかもしれませんね。

さて今回1番大きな動きは他の生存者からの無線連絡でした。

しかし、雄介は怪しいしメリットも少ないと無線を切るのでした。

雄介の言う通り、放っておくのが正解かもしれません。

こういう世界では仲間が多過ぎると醜い争いが起こるかもしれないので…。

あとは雄介がゾンビが出てきた部屋を気にしていましたが、あそこもかなり怪しい気がします。

夜には停電と火事が起き怒涛の展開になってきました。

次回の展開が気になります。

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも先に『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』の最新刊が読めますよ!

ゾンビのあふれた世界でを2巻無料で読む登録後すぐに半額クーポンGET!

まとめ

以上、『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』6巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

夜中に停電と火事が起きたため、焦る雄介と美月。

いつでも出れる準備を深月に指示し、雄介は火事の状況を見に行くのでした。

もし、似たような「ちょっぴりエッチな漫画」が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ