エロ(R指定なし)

19歳の夏休み3巻ネタバレ感想!大胆なミエにタジタジになる大介

この記事では、BSさん先生のエロシチュ青年漫画『19歳の夏休み』3巻のネタバレ・感想を紹介します。

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも早く『19歳の夏休み』の最新刊が読めますよ!
▼読み放題コースが7日間無料▼

コミックシーモア公式サイト※登録無料で半額クーポンがもらえます!

スポンサードサーチ

『19歳の夏休み』3巻のネタバレ紹介

不本意なあだ名をつけられた大介

「大介、学校の時間よ~」と言われた気がした大介。

目が覚めると翔太の家。

ビーチで楽しんだ大介は翔太の家でぐっすり眠っていたのでした。

キッチンへ行くと翔太の姉がご飯を用意していました。

「朝は食べてる?」と聞かれ「いえ、あまり」と答える大介。

勉強はほどほどにして、よく食べてよく運動をするようにと翔太の姉に説教されますが、それは大介の体の貧弱さが心配からでした。

それが分かっているので「はい」と言うことを聞く大介。

2人でご飯を食べていると翔太が起きてきました。

姉が早くご飯を食べるように促しますが、仕事まで時間無いからいい、シャワーを浴びてくると翔太。

シャワーしに行く直前「姉ちゃん、背中流して~」と翔太がお願いすると「はいはい」と姉。

するとすぐに「痛いって、優してしてくれよ~」という悲鳴と「これくらいガマンしなさい、男でしょ!」と怒る声が。

大介はその一連のやり取りに昔も同じことがあったなと懐かしむ大介なのでした。

翔太が暇なら職場に遊びに来いよと言って仕事に出掛けてから、今度は大介がシャワーを浴びながら昨日のビーチでのことを思い出していました。

海で泳ぐと目の前を裸のミエが泳いでいるため、大介の股間はおさまりません。

するとちょうど愛が帰ってきました。

愛はミエが裸で海から出てくるととても驚いていました。

ミエが愛にも裸で泳ぐことを薦めますがカナヅチのため断ります。

翔太とミエが海から出ますが、大介は股間がおさまらないため出られずにいました。

どうしようかと迷っているとミエが大介の股間の話を愛にし始めます。

もうどうにでもなれと意を決した大介は海から出ますが、案の定大きいまま。

ミエから「何よ、まだ勃ってたの!?」と言われ勃起王とあだ名をつけられてしまうのでした。

昨日の出来事を思い出しただけで大きくなる大介の股間。

シャワーを浴びながら、自分の股間のTPOの無さに呆れているとガチャッと翔太の姉が入ってきました。

静かだったから出たのかと思ったらしく、翔太の状況を見て「大丈夫大丈夫、恥ずかしがることないわ。健康な証拠よ。私、見慣れてるから。後始末だけちゃんとしてね。ごゆっくり~」と笑顔で去って行きました。

その後、ビーチで横になりながら、ミエと愛のことを考えていました。

2人とも対照的な雰囲気でしたが大介のお気に入りは愛。

愛はおしとやかで顔も美人、ご飯の約束をしてくれる優しい女の子だったためです。

そんなことを考えただけでズボンは膨らみ、自分に呆れる大介。

昨日は連絡先も聞けなかったため、また翔太がミエ達と会う時に呼んでくれないかなと考えていると、ちょうど翔太から連絡が。

愛が写真を撮りに出掛けたため暇になったミエの相手をしてくれとのこと。

ミエは苦手なのにと少し困る大介なのでした。

大胆なミエにタジタジになる大介

「ビッグボーイ」と待ち合わせ場所に着くとミエから言われる大介。

困惑する大介に、股間が大きいからだとからかうミエ。

とりあえずご飯を食べに行くことに。

「愛は?」と訊ねると「写真を撮りにいってる。終わったら連絡くるわ」と言われ先に2人で島を回ります。

結構長い時間2人で過ごしていますが全く愛から連絡がありません。

そんなことを考えてボーっとする大介に「もともとそんなに静かなの?」とミエ。

そんな会話から翔太や島で過ごした昔の話題に。

さらに本当にこの島の人たちは股間が大きいのか聞かれ返答に困っていると、翔太は体が大きいから納得だが、大介には意外で驚いたと言われ、タジタジの大介。

女の子がためらいもなくこんな話題をと少し呆れていると、ミエに外国人以外であのサイズはいない、国内の上位1%だと言われ、なぜか褒められたため嬉しくなる大介なのでした。

そして唐突に「大介はセックスしたことある?」と聞かれ、「いや、まだ」と恥ずかしそうに答える大介。

「ふーん、あんたとシたら、女の子はみんな大きすぎて痛がるかもね」と言われ、何故か愛との行為を想像してしまい、ズボンが膨らんでしまいます。

その状況に「もーいきなりー」と呆れるミエ。

自分のモノで女の子が痛がる姿を想像して変態とミエに言われ、焦る大介。

「ごめん、ちょっと落ち着かせるから待って」と言うと「そんなのいいわよ。どうせ私たちしかいないんだし、このまま行きましょ」と笑うミエ。

そうは言われても恥ずかしい大介は前かがみになり悲しいことを考えておさめようとします。

そんな大介に「なんで前かがみになるのよ。翔太なら堂々と歩くわよ。男らしくないわね」と言われ、隠さず歩くことに。

そんな大介の股間を見つめていたミエは「大介、出してみて」と言い出します。

「それは、ちょっと」と困っていると、昨日お互い全部見たし、周りには誰もいない、人影が見えれば隠せばいいし、どうせ遠くからじゃ何やってるか分からないとミエに言われると、何故か大介の股間は暴れだします。

結局下半身を露出する大介。

島の風が気持ちいいと感じていると、ミエが大介のモノを鷲掴みし、そのまま歩きだします。

歩くたびに股間が刺激されるため困っている大介に、急にミエが大介のモノが女の人に入るところを見てみたいと言い出すのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『19歳の夏休み』3巻の感想・考察

勃起王なるあだ名までつけられてしまった大介。

大介は恥ずかしそうですが、みんな全裸だから恥ずかしがらずにすればいいのにと思いながら読んでいましたが、自分に置き換えると無理だなと感じました。

それにしてもこの島のオープン具合はすごいですね。

男だけでなく女もあそこまでオープンなのは現実では中々ないですからね。

そして、翔太の家ではお姉さんが大介のガリガリ具合を心配していました。

島にいる間はよく食べてよく運動をしてとお母さんみたいな感じでしたが、大介のことを思っているんだなと感じました。

まあ、大介のお風呂での出来事を勘違いしている場面は面白かったですが…。

大介は愛を気に入っているみたいですが、翔太から苦手なミエの相手をするように言われミエと島を散策することに。

ミエはかなりオープンな性格なので色々下ネタを出してきます。

それにタジタジになる大介という関係性も良いなと思いました。

愛よりミエの方がいいのでは?

ミエとの散策で何故か下半身丸出しになる大介。

しかもミエに鷲掴みにされる始末です。

さらに最後のミエの発言の真意も気になります。

▼読み放題コースが7日間無料▼

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『19歳の夏休み』3巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

愛が出掛けたため、暇になったミエの相手をすることになった大介。

ミエのオープンな性格にタジタジされっぱなしの大介なのでした。

もし、同じような非日常な恋愛漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ