スポーツ

アオアシ26巻の発売日とネタバレ感想!無料で読む方法も公開

この記事では、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の『アオアシ』25巻(収録話数)のネタバレ・感想を紹介していきます。

この記事では『アオアシ』26巻の
  1. 発売日予想
  2. 全話ネタバレと見どころ
  3. 先行配信をお得に読む方法
  4. 感想と考察
  5. 関連おすすめ作品

を順番に紹介していきます。
(上の文字を押すとスルスルっと移動します

\が全巻どれでも無料/

  U-NEXT公式サイト  ※登録後31日以内の解約で月額料金は発生しません!

スポンサードサーチ

『アオアシ』26巻の発売日と収録話数

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『アオアシ』の発売ペース

  • 20巻:2020年4月28日
  • 21巻:2020年7月28日
  • 22巻:2020年10月30日
  • 23巻:2021年2月24日
  • 24巻:2021年5月28日
  • 25巻:2021年8月30日

『アオアシ』の単行本は約3ヶ月ペースで発売されているため、26巻の発売日は2021年11月28日と予想できます。

ちなみに、26巻の収録話数予想と掲載アプリ名のタイトルのまとめです。

話数一覧 タイトル
261話 2021年7月12日(32号)
262話 2021年7月19日(33号)
263話 2021年7月26日(34号)
264話 2021年8月2日(35号)
265話 2021年8月10日(36・37合併号)
266話 2021年8月23日(39号)
267話 2021年9月6日(40号)
268話 2021年9月13日(41・42合併号)
269話 2021年9月27日(43号)
270話 2021年月日(号)

ちらは予想なので、26巻が発売され次第、正式な収録話数へ更新予定です。

それでは続いて、気になるネタバレを見ていきましょう!

スポンサードサーチ

『アオアシ』26巻の全話ネタバレ紹介

『アオアシ』26巻の収録話数は全部で10話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

『アオアシ』261話のネタバレ

先制点

中々得点できない中、葦人はボールを繋ごうと大友とパス回しします。

それによってゴール前に集結していた青森星蘭の選手達はボールを奪おうと向かいました。

葦人を中心に1年生はパスを回すも、攻めれる状態にはありませんでした。

そんな中、葦人は何かが見えたのか、敵陣の中へと動き出します。

その様子を見て、ボールを持っていた冨樫も葦人の元へと向かいました。

この光景を見て、何かを感じ取って動くなと指示する北野。

そして冨樫からパスを受けた葦人は、すぐさま遊馬にパスを出しました。

そしてあっという間にゴールへと向かう遊馬。

槇村が立ちはだかるも、遊馬はループシュートを繰り出し、ボールはゴールへと吸い込まれました。

『アオアシ』262話のネタバレ

無表情

遊馬のループシュートで先制点を挙げられたので、喜ぶ葦人達。

遊馬はかつての同僚の槇村の性格を利用して決めたため、槇村は悔しい表情を浮かべます。

葦人はサイドバックとして上がり過ぎたのではないかと思って恐る恐る阿久津を見るも、その時の彼は飲み物を飲んでいたので表情が分かりませんでした。

しかし、取りあえず活躍した事を喜びます。

試合が再開するも、先制点を取って勢いに乗るエスペリオンが攻勢に打ってでます。

そしてその攻撃の中心にいたのは葦人。

葦人からパスを受けた山田がシュートを撃つも、これは止められます。

そして葦人は攻めすぎたと感じて戻るが、阿久津が無表情だったので困惑します。

しかし、攻める事を辞めませんでした。

『アオアシ』263話のネタバレ

周囲が見えている

阿久津の表情に疑問を抱きつつも、攻撃に転ずる葦人。

青森星蘭は先制点の起点になった冨樫を徹底してマークし始めます。

ボールは桐木の元にあったのだが、彼は中々冨樫にパスできないのでイライラしていました。

今の状態の桐木が一番いいプレーをすると映像を見て気づいていた葦人は周囲の選手を引き付けると、それに気づいて相手を抜き去る桐木。

そして冨樫にパスを出し、冨樫はタメを作りながら向かってきた高杉にパスを出します。

高杉は自分で決めず、チームプレーに徹する事を映像で気づいた葦人はボールを貰いに行きました。

しかし、トリポネと北野の残像が過ぎったので、横へと走り出し、高杉はゴールへと向かう桐木にパスを出したのです。

そして桐木はシュートを撃ちます。

『アオアシ』264話のネタバレ

攻め続ける

今の葦人の目にはサイドと中央が光っているように見え、しかも何故か北野とトリポネがいました。

同時に仲間の事を知る事がこんなに効果をもたらすとは思わなかったと感じる葦人。

そしてこのまま攻めようと、桐木にパスを出して桐木はシュートを撃ちます。

しかし、ゴール前まで戻って来た北野がクリアし、選手はクリアしたボールの元へと向かいます。

しかし、青森星蘭の選手達の守備に阻まれました。

今の葦人は船橋戦以来となる突き抜ける感触を手に入れており、以前は掴めきれなかったが再び掴もうとしていたのです。

一旦雪が降ってきたので、タイムとなります。

そんな中、青森星蘭ベンチではこのままでは負けると言う北野。

羽田も同意見であり、夏の時に試した戦術を使えば逆転できるかもしれないと言います。

『アオアシ』265話のネタバレ

攻め方を変えた青森星蘭

雪で試合が中断している中、葦人は早く試合がしたいと感じていました。

その理由は船橋戦以来の感覚を完全にものにしたかったからです。

そして青森星蘭は木曾と言う選手を投入しようとしていました。

やがて試合が再開され、先程と同様に積極的に攻めていくエスペリオン。

攻めていく中、阿久津に言われる前から自分はチーム全体を見ていたと思う葦人。

そしてボールを受けるが羽田ともう一人の選手が攻めてきて、葦人はすぐさま大友にパスを出すも、彼にも2人の選手が攻めてきました。

しかも北野がボールを奪おうとしていたが、大友は何とかボールをフィールドの外に出します。

エスペリオンボールで試合再開となるが、葦人は北野が笑みを浮かべていた事を不気味に感じていました。

『アオアシ』266話のネタバレ

逆襲に転じる

北野が不敵に笑っている事に気づく葦人。

しかし、今は元に戻りつつある感覚を取り戻す事を優先する事にしました。

エスペリオンはサイドをどんどん攻めていき、青森星蘭は司令塔の北野が自らディフェンスするくらい追い詰められていたのです。

そんな中、青森星蘭の選手達がぶつぶつ呟いているのが気になる葦人。

それに今の青森星蘭のフォーメーションに違和感を感じて、確認する福田監督達。

それに観客席にいる花達も気になっていました。

やがて、青森星蘭の選手達は突如として動き出し、ボールを奪うとポゼッションサッカーを開始して攻め上がったのです。

葦人は青森星蘭は何かを待っていたのだと感じていたのです。

『アオアシ』267話のネタバレ

防戦一方

青森星蘭が逆襲に転じ、ゴール前まで攻めるも阿久津のおかげで防ぎ切ります。

しかし、今の青森星蘭の動きがエスペリオンのポゼッションと似ている事に唖然とするエスペリオンの選手達。

桐木は今回の動きが、後半に入った1年生による動きやフォーメーションによるものだと見抜きます。

青森星蘭は再びパス回しで攻め入り、北野を中心にして攻めていきます。

しかし、志村、秋山、阿久津によってゴールを奪われずに済みました。

ここまでの事から青森星蘭の選手達は北野の考えに沿って動いている事を察する福田監督。

それに北野はエスペリオンの選手達の動きまでも支配しようとしていたのです。

 

『アオアシ』268話のネタバレ

戦術の正体

北野が敵味方を操っているため、エスペリオンはポジショニングが滅茶苦茶でした。

北野はエスペリオンを強敵と認めつつ、その強敵を自分の手で粉砕できる事に喜びを感じていました。

北野が行っているのはN-BOXであり、MF5人が良いバランスの距離感を保ちながら動き、常に数的有利に持っていく戦術です。

青森星蘭は夏場でやっている事もあり、成宮監督はこれを後半に採用する際にタイム中にコーチを通じて伝えていました。

しかし、青森星蘭は夏場それをやって体力が持たず、普通に戻してインターハイを勝ち抜いた事もあり、気が進まないと言う藤長。

そこへ成宮監督が来て、そう言うのはプライドが高いせいだと一蹴します。

藤長は高校2年生まで司令塔だったが、北野に一瞬で奪われたので不満に思っていたのです。

成宮監督はそもそもその作戦に関しては、他の選手がやる気を感じなかったのも上手く行かなった要因だと言い放ちます。

そして羽田は賛同し、北野の命令通りにするのは癪だが、自分の存在を示せるならやると言ったのを皮切りに他の選手達も賛同。

現在に至り、エスペリオンは迷いがない青森星蘭の動きに混乱されていました。

『アオアシ』269話のネタバレ

北野の本心

青森星蘭の戦術と北野のプレーによって完全に飲まれているエスペリオン。

元々北野はユースから誘いが来るほどの逸材だったが、殆どの者が褒め称えるばかりなので冷めた目で見ていました。

そんな中で青森星蘭の成宮監督だけは厳しい言葉を送ったので、興味を持って高等部へと入学してサッカー部に所属。

元々サッカーが上手になりたいだけの北野は天才とかと呼ばれるのを嫌がっていました。

やがて自分を変えたいと思う者達が青森星蘭に集ってきたのです。

後半戦前、北野は戦術を承諾してくれた皆に、必ず勝利に導くと約束しました。

現在に至り、決死に攻める青森星蘭に対し、必死に防いでいくエスペリオン。

しかし、相手FWが持ったボールを志村が弾いてエリア外に出ようとしたところを藤長が繋ぎ、ボールが回って来た羽田がシュートを決めて同点にしました。

『アオアシ』270話のネタバレ

スポンサードサーチ

『アオアシ』を無料で読む方法

『アオアシ』は、U-NEXTなら登録後すぐに1巻分を5円で読むことができます!

※漫画村/星野ロミ(閉鎖)、漫画BANK、Raw、rar、zipのような違法アップロードサイトではありません。

U-NEXTは、登録後31日無料トライアルで以下サービスが無料で利用できます。

  • 登録後すぐに600P付与
  • 動画見放題
  • 雑誌読み放題
  • 1契約4アカウントまで作成可
  • アプリならオフラインで読める

『アオアシ』は1冊605円なので600Pを使って無料で読むことができます。

有料会員(月額税込1990円)になると、毎月初に1200Pがもらえて、40%ポイント還元されます。毎月新作を楽しみにしている方にとってはお得なサービスです。

もし気に入らない場合でも、登録後31日以内に解約すれば月額料金は発生しませんので、ぜひ試してみてください!

\登録後すぐに600Pもらえる/

  U-NEXT公式サイト  U-NEXTの解約方法はこちら

『アオアシ』26巻の感想・考察

青森星蘭に焦り…?

欲しかった先制点をエスペリオンが取ったのですから、青森星蘭は浮足立つでしょうね。

これまで何度も果敢に攻めて点が取れなかったのに、先に欲しかった先制点を取られてしまったのですから、気持ちに焦りが出てくると思います。

怒っていない…?

多分、阿久津は怒っていないと思います。

怒っているなら早々に注意している筈ですし、一先ず先制点は葦人の頑張りがあったから怒る事も無かったのでしょう。

その後も怒らなかったのは、取りあえず勢いが来ているから好きにやらせようとしているのかもしれません。

葦人が起点…?

先制点の時も今回もそうですが、葦人が起点となっていますね。

今回のプレーも事前の映像で仲間の癖を読んで、動いていましたから桐木がシュートに持ち込めたのでしょう。

このシュートがちゃんと決まったかどうかは分かりませんが、決まっていたなら優勢に試合が進むと思います。

奥の手がある…?

羽田が言っていましたが、青森星蘭には奥の手があるみたいです。

しかもエスペリオン優勢のこの状況をひっくり返せる程の策があるみたいです。

今の状況はちょっとそっとじゃ崩せない状態なので、どのような策で挑んでいくのか楽しみですね。

笑う意味…?

北野が笑っていたのが気になりますね。

笑っていたと言う事は今青森星蘭が行っている事は間違っていないと確信していて、同時にエスペリオンは見事にはまっていると言う感じなのでしょうね。

次回で青森星蘭の戦術が分かるんじゃないでしょうか。

点を取られる…?

青森星蘭の選手達はボールを奪うや否や一斉に攻め寄せてきました。

これによって彼らは一気に逆襲に転じた形になります。

対するエスペリオンは突然の攻撃に面を喰らっている筈ですし、攻めていたせいで守りが手薄になっている可能性があります。

それ故に点を取られるのではないでしょうか。

全てを支配する男…?

北野によってフィールド全体が支配され始めていますね。

今の青森星蘭が北野の操り人形状態になっていて、やがてエスペリオンの選手達もそうなっていくのでしょう。

北野の考えを上回るプレーが必要になっていく事になると思います。

泥沼にはまる…?

青森星蘭の攻め方に対し、エスペリオンは完全にパニック状態です。

データが無い上に北野の指示で付け入る隙がないので、攻める事も守る事も非常に難しい状態です。

それ故に泥沼にはまっているのだと思います。

そして泥沼にはまっている間に同点にされるのではないでしょうか。

絶望する…?

青森星蘭に同点にされてしまったエスペリオン。

ここで勝ち越さないと勝利する事が出来ませんが、また同じ攻めをされたらどうしようもないので絶望するのではないでしょうか。

それ故になすすべもなく敗れてしまう可能性もあります。

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『アオアシ』26巻の発売日と収録話数予想、ネタバレ・感想考察の紹介になります。

では、最後までお読みいただきありがとうございました(^^

おすすめ関連作品を紹介

『ブルーピリオド』

不良優等生で絵のド素人が高2から藝大一択という、超無謀な挑戦をする心理描写がエグくてリアルなアート漫画の真骨頂。

ニャン玉
ニャン玉
作中に登場する油画は読者さんから公募したものだけど、とりあえずみんな無茶苦茶上手いニャ。

»『ブルーピリオド』のネタバレ・結末考察はこちら

『ランウェイで笑って』
  • 闇深:
  • リアル:
  • 名言:
  • 著者:猪ノ谷言葉

157cmで身長が止まったJKモデル千雪が、同クラスで地味キャラ育人の類稀なデザインセンスを武器に、超絶茨ロードのパリコレを目指す漫画『ランウェイで笑って』。

ニャン玉
ニャン玉
健気系・男子と負けず嫌い女子が夢見るタッグを組んで挑んだアパレル界は、あまりにもシビアな世界だったニャ。

»『ランウェイで笑って』の見どころネタバレ・結末考察はこちら

『二月の勝者 -絶対合格の教室-』

桜花ゼミナール校長のカリスマ講師・黒木が生徒や保護者(客)を教育し、あくまでコレはサービス業、という徹底したスタンスを貫くリアル中学受験の漫画。

ニャン玉
ニャン玉
やる気に燃えている新任・佐倉先生を毎度鎮火させる、クールオブクール黒木の言葉が刺さりまくりだニャ。

»『二月の勝者』の見どころネタバレ・結末考察はこちら

『ブラック芸能事務所ですが何か?』
  • 闇深:
  • エロ:
  • 理不尽:
  • 著者:usi
  • 他作品:デリバリー

最下層の事務所『コロッセオ企画』のドアを叩いた真衣は、グラビアは嫌だ!女優になりたいとギラギラ意気込むもオーディション全滅。そして最後の切り札として社長から「映画監督とホテルで面会」という話を持ちかけられまさかの決断に…

»『ブラック芸能事務所ですが何か?』の見どころネタバレ・結末考察はこちら

『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』
  • 闇深:
  • 非日常:
  • 萌え:
  • 著者:遠藤達哉
  • 他作品:TISTA、月華美刃

とある権力者を始末するためスパイとして国に潜伏するロイド。条件が小学校で最高評価を得てターゲットの屋敷に潜入することが必至。即席で見つて利害一致した3人家族が完成し、互いの闇深な仕事・能力を隠しつつ穏やかに任務遂行に向かう…!娘・アーニャが鬼かわいいのが問題で…

»『SPY×FAMILY』の見どころネタバレ・結末考察はこちら

»スパイファミリーのアーニャが可愛すぎる!任務完了後はどうなる?

こんな記事もおすすめ