腹黒・略奪女

わたしの幸せな結婚17話のネタバレ感想!2人は日常を取り戻し…

この記事では、顎木あくみ/高坂りと/月岡月穂先生のガンガンONLINE連載漫画『わたしの幸せな結婚』17話のネタバレ・感想を紹介します。

「まんが王国」公式サイト※3000作品以上が読み放題!

スポンサードサーチ

『わたしの幸せな結婚』17話のネタバレ紹介

2人は日常を取り戻し…

清霞の屋敷に戻った美世は、打ち身がひどく清霞直々に面倒を見てもらうことに。

斎森の家は全焼したとのことですが、死者が出なかったことに美世は安堵。

両親は地方の別邸に移り貧しい暮らしをすることとなり、香耶は特別厳格で有名な家へ奉公に出されるとのことです。

辰石家については、当主の所業が公になっていないため法的には裁かれないものの、当主の座を長男の一志に譲ることに。

それも久堂の監督のもと、行動制限を受け入れる形となったのです。

これらを聞いた美世は、清霞に頼み斎森の屋敷跡へと赴きました。

つらい思い出ばかりとはいえ、幸せな思い出も少しは残っていた場所がなくなった事実に、物憂げな表情を浮かべる美世ですが…実母の嫁入りの際に植えられた桜の切り株を発見!

美世はこれを最後に見ておきたかったらしく、手を伸ばします。

すると切り株は砂塵と化し、美世は鋭い痛みを感じたものの、体が本調子じゃないせいだと思い込むのでした。

帰り道で2人は幸次と会い、幸次は美世へ最後の機会に少し話したいと言います。

清霞は気を利かせて先に戻り、美世は幸次との思い出の場所に腰掛けました。

何もできなかった自分をふがいなく思う幸次は、自分を鍛え直す決意表明をします!

これから旧都に行き異能者としての修業をするつもりらしく…。

香耶との婚約は継続し、斎森家の次期当主の立場のままである幸次は、自分も守りたいものを守れるように、精一杯努力して強くなると意気込みを語ります。

そして美世はずっと味方でいてくれた幸次に内心で感謝を述べ、互いの気持ちに区切りをつけるのでした。

その後、清霞と美世は書面だけの簡単な手続きで正式に婚約。

帰り道で清霞は、美世へ正式にプロポーズをします!

美世はそれに笑顔で応じ、2人の新たな生活のスタートが切られるのでした。

スポンサードサーチ

『わたしの幸せな結婚』17話の感想・考察

物語は2人の甘い新婚生活へ?

斎森家にしても辰石家にしても、しかるべき処遇を受けて一件落着!

これでもう美世が過去に縛られることはないでしょう。

桜の木の謎だけが気がかりですが、これは未だに謎の多い美世の母の実家・薄刃家と関係があるのでしょうか?

しかしこの問題はひとまず置き、清霞・美世の新婚生活が見られることに期待大ですね!

スポンサードサーチ

『わたしの幸せな結婚』をお得に読む方法

『わたしの幸せな結婚』を漫画で読んでみたいという場合、まんが王国なら登録無料で最大50%ポイント還元されるので、読めば読むほどお得になります!

まんが王国
おすすめできる3つのサービス

  • 3000作品読み放題
  • 最大50%ポイント還元
  • 最大1ヶ月早い先行配信あり

まんが王国なら、3,000作品以上が読み放題のため、他の漫画も合わせてお得に楽しんでみてください!

「まんが王国」公式サイト

まとめ

以上、『わたしの幸せな結婚』17話のネタバレ・感想考察の紹介になります。

もし、同じような人間臭さ溢れる漫画を読みたいという場合、以下作品がおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ