エロ(R指定なし)

レンタルガールズ42〜58話ネタバレ感想!幸せな新婚生活を壊す夫の裏切り

この記事では、スタジオワナビー先生のオムニバス漫画『レンタルガールズ』42〜58話のネタバレまとめを紹介します。(※42〜58話で完結ストーリー)

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、『レンタルガールズ』が3話無料で、割引や半額クーポンを使用してどこよりもお得に読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『レンタルガールズ』42〜58話のネタバレまとめ

『レンタルガールズ』42〜58話(第6章)の要点をまとめてネタバレ紹介します!

梅香のおススメ作品

女性が帰宅すると引っ越し業者が隣の部屋に荷物を運び込んでいました。

隣も引っ越して来たのかとその作業を横目に見ながら自分の部屋に入る女性。

夕方、顧客からの電話に丁寧に説明する男性。

土曜出勤した上に帰り道でも顧客からの電話対応をする羽目になった男性はぐったり。

そんな男性がマンションの下を歩いていると上の階からそれをチェックする女性が2人。

何やら不穏な2人です。

男性が家に帰ると持っていた紙袋を取り出します。

ハンバーガーを夕食に買ってきたようで、女性はおかえりと抱き着きます。

男性はジソン、女性はボミンと言い新婚ラブラブの夫婦です。

ジソンがお風呂から出るとさっそく2人でハンバーガーを食べようとします。

まさに食べようとした瞬間、部屋のチャイムが鳴り響きます。

「ん?誰だろ?こんな時間に」とボミンはハンバーガーを食べながら玄関に向かいドアを開けます。

ドアの先には見知らぬ女性が2人。

どうやら隣に引っ越して来た住人のようで、ヘリョンとソヘ。

2人はあいさつ代わりに粗品を持って来たみたいです。

遅れてジソンも玄関に来て挨拶をします。

2人はとてもスタイルが良く、グラマラスだなと思うジソン。

お互い2人暮らしでみたいな話から会話が続かなくなり、ボミンは思わず「うんと、食事中だったんですけど、よかったらちょっとお上がりに?」と声を掛けます。

すんなり部屋に上がり込む2人。

しかもすれ違いざまにジソンの股間に手を当てていくヘリョン。

少しビクンとしたため「どうしたの?」とボミンが聞いてきますが誤魔化すジソン。

まさか本当に上がるとはと困惑しヒソヒソ話すジソン達。

ヘリョン達は部屋のインテリアなどを見て回っています。

するとソヘが床のシミを見つけ、それは引越ししてきた時からと答えるボミン。

「奥さん、おばさんたちが手伝ってあげましょうか?私たちこういうの放っておけない性格なのよ~」とヘリョンが言いますが断ろうとするボミン。

しかし、ボミンを無視し掃除を始めるヘリョン達。

困ったなと顔を見合わせるジソン達でした。

「ここだけキレイにしてすぐ帰りますから」とヘリョン。

殺虫剤があれば貸してほしいと言う2人にボミンが取りに行きます。

ボミンがいなくなった途端、急に掃除をする恰好が何やら下着が見えるようなセクシーな格好で掃除を始め、それを見たジソンのズボンは膨らんでしまいます。

そんなジソンの状況を確認し目配せするヘリョン達。

その時、ボミンが殺虫剤を持って戻ってきました。

ヘリョン達は何事もなかったかのようにセクシーな恰好を止め、再び掃除を始めました。

ある程度は汚れが取れましたがあと少しが取れません。

今度は除光液がないかと言い出しますが、今切らしててと答えるボミン。

ヘリョンは「じゃあ、旦那さんはここで私たちと雑巾で拭いて、奥さんが買ってくるのはどうかしら?」と変なお願いをしてきます。

変な空気にジソンとボミンはチラッとお互いを見て、「あ、もう大丈夫ですから!」と愛想笑いでやんわり掃除を終わらせようとするボミン。

ヘリョン達も新婚さん家に長居してごめんなさいと帰っていきました。

「お隣なんだし、今後ともよろしくお願いしますね」と残し、ジソンの股間の様子を確認してニヤリとしながら帰るヘリョン達。

2人が帰ると挨拶だけだと思ったのに長く居座られて疲れたとぼやくボミン。

自分の股間を見ていたようなと考えるジソン。

先程のヘリョン達のセクシーな格好での掃除など、前回の不動産屋の社長の件もあり、近所に変わったおばさんが多いな股間を膨らませてしまうのでした。

部屋に戻ったヘリョン達は「見た?」、「見た?」と先程のジソンの反応に盛り上がっていました。

「不動産屋の社長さんから聞いたとおりで、すぐに反応してたわね?」とヘリョン。

2人の目的はジソンのようです。

ボミンのせいで楽しみ損ねたとヘリョンはソヘの胸を乱暴に弄ります。

「どうしようかしら?あなたがどうにかしてくれない?」とヘリョンが言うと「今日はあの人じゃなくて私を選んでくれるの?」とソヘ。

そんなソヘに「あの人?ああ、あれはもう、飽きちゃって。今日はあなたにするわ」と濃厚なキスをして、女同士で絡みあうのでした。

ジソン達も行為の最中。

さっきのヘリョン達のせいか、いつもより興奮して激しくなるジソン。

新婚初夜まで我慢していたのもあり、盛り上がる2人。

暑くなってきた為、窓を開けようとするジソンに風邪引くからやめた方が良いと言うボミン。

少しだけなら大丈夫と窓を開け激しく愛し合う2人。

次の日。

案の定風邪を引いたジソン。

ボミンは呆れながら会社に向かい、ジソンは会社を休み家で安静にして寝ることに。

部屋を出たところでソヘに会い挨拶をして仕事に向かうボミン。

ボミンがいなくなるのを確認すると部屋を見つめるソヘはニヤリと微笑みます。

隣の女たちの狙いはジソン

部屋でグッタリして寝ていたジソンですが、突然部屋のチャイムに起こされます。

宅配かとフラフラ玄関に向かい扉を開けるとそこにはヘリョンが立っていました。

「あ、お宅にいらしたのね?」と言うヘリョンに風邪で休んだことを伝え、何か用事ですかと聞くと電球交換をお願いしたかったと言います。

風邪なら諦めるというヘリョンの上目遣いに思わず手伝うと言ったジソン。

ではと自分の部屋に招き入れるヘリョン。

妙に緊張し、さらにはとなりのセクシーなヘリョン達の部屋に入ることに少し興奮しズボンを膨らませるジソン。

照明の下ではほぼ下着のソヘが椅子の上に上がり四苦八苦していました。

あまりの刺激的な恰好に思わず吹き出しそうになり、見惚れてしまうジソン。

手伝うと言うジソンに自分でやりたいから下から手伝ってと言うソヘ。

困惑するジソンですが、急に態勢を崩したソヘの足を助けるために慌てて掴むとお尻が顔面に。

「あらぁ~」とクスクス笑うヘリョン。

おばさんだから気にせず持ち上げてくれというソヘに、思い切って持ち上げるジソン。

顔に当たるお尻のせいか、やはりズボンが膨らんでしまうジソンなのでした。

必死で持ち上げるジソンの股間をソヘの足が当たり、転びそうになるジソン。

ソヘは大丈夫ですかと笑いながらなぜかいろんな態勢でお尻を顔面に押し当ててきます。

気を付けないとケガするわよとヘリョンが注意し、何やら調子に乗っていたソヘはジソンに交換をお願いすると椅子から降ります。

ズボンが膨らんだままのため椅子に上がると丸わかりになってしまうジソンでしたが、諦めて椅子の上に。

目の前でヘリョン達に「旦那さんったら元気ねぇ~」と笑われ、恥ずかしくなります。

すると2人は「元気って、外から見ただけでそんなのわからないわよ~」、「あら?まるで、中を見たような言い方じゃない?」、「中って、いや~ねぇ、この子ったら。何1人で勘違いしてるのよ。旦那さん、風邪引いて会社も休んでるから言ってるだけでしょうぉ~」、「あぁ~、そういう意味ね?てっきり2人だけで何かあったのかと」、オホホホ。だとしたら、ここでこんなことしてないわよ」とジソンを挟んで変な会話をする2人。

そんなことを考えながらも意外に手こずる電球交換。

ソヘが「ねぇ旦那さん?今度は私が手伝いしますね」と太ももに抱きついてきます。

それを見たヘリョンも抱きついてきて、2人とも太ももをスリスリ。

そこでようやく電球が外れ、ジソンが替えの電球を要求しますが2人はジソンの股間を見つめています。

ズボンに手を伸ばそうとするヘリョン達に慌ててバランスを崩し椅子から落ちるジソン。

心配する2人に大丈夫だと言うジソンですが、横になった方が良いと言う2人。

そして何故かソヘがジソンの頭を股で挟みこんできました。

2人のあからさまな行動に困惑しつつも刺激的なこの状況。

ジソンは不動産屋の女社長のことを思い出したりとどんどん興奮してしまいます。

体を触りながら痛い所はないかとチェックするヘリョン。

何とズボンの中もチェックすると言い出すヘリョンに抵抗しようとしますが、ソヘが締め上げるせいで動けません。

出した後が気になりますがボミンへの罪悪感から躊躇うジソン。

ヘリョンは無理矢理自分が流しただけでジソンから脱いだわけじゃないからと提案しズボンを脱がす2人。

恥ずかしがりながらも抵抗が出来なくなってしまったジソン。

2人がかりで手と口でジソンの股間を責め立てます。

ヘリョン達はどちらが先にするか話し合っていて、自分に意見は聞かないのかと思うジソンですが、そんな心を見透かしたのかソヘが「どっちみち2人ともするの。だとしたら旦那さんの意見は必要ないでしょ?うふふ」と笑います。

そして、ヘリョンは下着を脱ぎジソンの顔に跨ります。

ますます大きくなる股間に驚くソヘ。

顔に乗られ、股間も同時に責められ抵抗も出来なくなってきたジソン。

ジソンの口での奉仕に悶絶するヘリョン。

今日だけかもしれないこの状況を楽しむことにしたジソン。

ヘリョンとソヘが後退して再びジソンの顔に跨ります。

その状況でヘリョンが股間と乳首を責め、さらに焦らす感じで責めてくる為悶絶するジソン。

そんなジソンの様子を笑う2人。

ヘリョンはご褒美を上げると本番をしようとします。

流石に浮気だと躊躇いますが抵抗が出来ないジソン。

いざ始めるという瞬間、ジソンのスマホが鳴ります。

画面を見るとボミンの名前が。

この状況はマズイと切ろうとしますが、手が滑って落としそうになりキャッチした瞬間通話ボタンを押してしまいます。

風邪のことを心配するボミンは早退して帰ってくるとのこと。

それを聞いて慌てるジソンを見て、冷めるヘリョン達。

気まずい空気が流れ、ボミンが帰ってくるなら早く服着て帰った方が良いと言うヘリョン。

最悪な空気の中家に帰るジソンなのでした。

帰る間際ソヘに思いっきり股間を掴まれ、1回しかしてはダメと言われるジソン。

ソヘは何回したか分かるから次チェックすると言い、ジソンは恥ずかしそうに頷きましたが家に帰ると我慢出来ず、速攻で最高潮に達するのでした。

帰ってきたボミンと一緒に食事をするジソン。

風邪が治ったようで良かったねと笑うボミン。

ジソンは昼間の罪悪感からボミンの顔を見れません。

風邪が治ったなら、今日もしようと言うボミンに苦笑いのジソン。

ボミンと行為をしてるとヘリョンと重なり興奮してしまうジソンですがソヘとの約束があるため、最高潮になるのを我慢しますが、耐えられなくなりバレないだろと結局最高潮に達してしまうのでした。

隣の部屋ではヘリョンが夫と行為をしようとしていました。

しかし、夫は年齢的な問題で勃たず出来ません。

ジソンとのことが途中で終わり機嫌の悪いヘリョンは、舌でくらい満足させろと命令します。

必死の夫に体の疼きを抑えさせるのでした。

翌日の朝、ジソンが家を出るとヘリョン達も出てきました。

昨日の事もあり照れるジソン。

ヘリョン達はボミンがまだ家の中で準備中なのを確認し、ジソンのズボンを脱がし約束を守れたかチェックします。

こんなところ見られたらと焦るジソンですがソヘは構わずチェックします。

そして、約束が破ったことを見破るソヘ。

どうやって見破ったんだと焦るジソンに、ヘリョンは約束破ったから新しいルールを作ると言い出します。

それは、次に自分達がヌクまで「射精禁止」。

いつまでかかるか分からないことに困惑しますが、我慢すればまたヘリョン達が相手してくれると思いニヤリ。

約束して帰って行くヘリョン達が部屋に入ると同時にボミンが部屋から出てきました。

誰と話していたのかと聞かれ、お隣さんだよと誤魔化しズボンを直すジソン。

何も知らないボミンに罪悪感を抱くのでした。

その日の夕方、他愛もない会話をしながら家に帰るジソンとボミン。

家に着くと朝の事を思い出し、ズボンを膨らませるジソンは、ボミンにバレない様にお風呂へ。

朝から例の件でずっとムラムラするジソンは、我慢出来なくなりお風呂にボミンを呼びます。

ボミンがお風呂に来るなり、いきなりボミンと本番を始めます。

最初は困惑していたボミンも、ジソンの強引さに興奮してきます。

そして、最高潮に達する直前に約束を思い出しやめるジソン。

ボミンに疲れたからまたにしようと言うと、だったら最初からしないでと怒られます。

ルールを守るためにボミンを怒らせてしまいました。

数日経っても何も起きない為、ジソンは我慢疲れでげっそり。

ボミンの掃除する姿や、テレビ、スマホとあらゆる些細なことが刺激になってしまい悶々としながら過ごしていました。

そこへ玄関のチャイムが鳴りボミンは掃除中の為ジソンが出ることに。

ドアを開けるとヘリョンが立っていました。

どうやらヘリョン達の荷物がジソン達の家に来ていたみたいで取りに来たとのこと。

ヘリョンを見ただけでズボンを膨らませてしまい、ヘリョンに笑われるジソン。

ジソンの股間を掴み、荷物のある部屋まで連れて行きます。

部屋に入ると約束を破ってないかチェックしようとするヘリョン。

ボミンがいるからと抵抗しますが、時間が無いから早くしなさいと言われ、ズボンを脱ぐジソン。

約束を守ったことを確認しご褒美をくれると言います。

ジソンのモノを胸で挟むヘリョン。

その頃ボミンは、やけに静かな2人に怪しみ部屋に向かいます。

部屋を開けると箱の中身の確認と説明書の内容について話し中の2人が。

直前にボミンの接近に気付いたため、難を逃れたのでした。

ヘリョンは帰り際に、電球交換のお礼も兼ねて夕食に招待すると提案します。

電球交換の話を聞いていないボミンに焦りながら言い訳するジソン。

いつがいいか聞いてくるヘリョンに断ろうとするボミン。

被せるように明日がいいと答えるジソンに驚くボミン。

さっきまでグッタリしてたのにヘリョンと会ってから元気なジソンに疑念を抱くボミンなのでした。

ヘリョンが帰るとボミンが「ちょっと、本当に行くの?」と訊ねると、お互い助け合うこともあるだろうからいいじゃないかと言うジソンに渋々従うボミン。

ジソンとヘリョンを怪しみましたが、自分の考えすぎかと思うボミン。

ジソンは下心丸出しでノリノリで掃除の手伝いをするのでした。

幸せな新婚生活を壊す夫の裏切り

次の日の夕方、ヘリョン達の部屋に来た2人は豪華な食事に驚きます。

ボミンが料理の写真を撮っていると、ジソンのお尻を触るソヘ。

ソヘがボミンと話している最中、ジソンを椅子に座らせるヘリョンは大胆にも胸をジソンに押し付けます。

その時、ボミンがジソンの方を向きますが、寸前にやめるヘリョン。

そのまま料理の話で盛り上がるボミン達。

ボミンと話している時は親切なお隣さんを演じる彼女達に感心するジソン。

さらにお酒も勧めるソヘ。

机の下ではヘリョンが足をジソンの足に絡ませてくるので興奮するジソン。

会話は盛り上がりますが話に集中出来ないジソン。

足だけではなく股間まで責められます。

さらにソヘがボミンの話を聞きながらドンドン酒を飲ませていきます。

しばらく経つと愚痴を言いながら泣き出すボミン。

酒を飲むのをやめさせようとするジソンに、ヘリョンが飲ませとけば良いと囁きます。

ボミンが隣にいるのに自分の足を舐めろというヘリョン。

スプーンを落としたフリして舐めるジソンは、興奮してどんどん股間を膨らませます。

ボミンが酔い潰れて眠った瞬間、テーブルの下に潜りジソンのズボンを脱がし舐め始めるヘリョン。

いつバレるか分からない状況がより興奮させます。

ソヘからキスされ、心の中ではボミンに申し訳ない気持ちでいっぱいですが、抵抗が出来ないジソン。

完全に酔い潰れたボミンを確認し、堂々と誘惑し始めるヘリョンとソヘ。

そして、ヘリョンから質問されます。

部屋の中に3つの穴があるがどの穴に入れたいのかという質問です。

自分も我慢出来ないと言うソヘは自分の股間をジソンに触らせます。

悩みながら出した答えはヘリョン。

ヘリョンは笑いながらジソンの上に跨ります。

あまりの気持ち良さに歓喜するジソン。

残念そうなソヘはジソンに暇な口で自分の胸を舐めるように言ってきます。

上から下からと強烈な刺激に速攻で最高潮に達しそうになりますが、ヘリョンに無理矢理止められます。

良いと言うまで我慢しなさいと言われ、仕切り直し頑張りますが、結局すぐに最高潮を迎え、股間から出た液体がボミンの頭にもかかってしまいます。

ボミンが起きなくてホッとしますが、椅子に座ったままでは不便だからと床に寝転ぶことに。

今度はソヘが我慢出来ないと跨ります。

ヘリョンとはまた違った刺激に悶絶するジソン。

時間をかけたかいがあったと言う2人に疑問を感じ質問しますが、気にしないでと言うヘリョン。

これからは自分の質問だけに答えれば良いと言われます。

隣にボミンがいるスリルで興奮してるんでしょと質問され、褒めてもらいたい一心で認めるジソン。

ヘリョンに初めて会った時から、こんな風にされるの喜びそうなのが分かった、そうじゃなければおもちゃにしなかったと言われ喜んでしまうジソン。

またおもちゃにして欲しかったらソヘを満足させろと言われ、激しくソヘを責めるジソン。

ソヘの足腰が立たなくなるまで責め立て満足させたジソンに「合格よ」と伝えるヘリョン。

次の日の朝、二日酔いに苦しむボミンば昨日の記憶がない様子で安心したジソン。

今日はボミンが残業なので嬉しそうな顔をするのでした。

その日の夕方、予定が無くなり残業無しで早く帰るボミン。

家に帰ると帰ってるはずのジソンがいません。

ふと昨日の記憶がぼんやり甦ります。

それは、ジソンがヘリョン達と行為をしている様子。

そんなはずはないと思うボミンですが、ジソンを探しに隣の部屋へ向かいます。

また電球交換かもと思い部屋まで行くとドアが開いていて中から変な声がします。

その声は喘ぎ声で聞き覚えがある声。

部屋のドアを開けると行為中のジソンが。

あまりのことに混乱するボミン。

ジソンもボミンが来たことに驚きます。

部屋の隅にはヘリョンの旦那が1人でしていて、ヘリョンがジソンばかりを相手にしてるから自分構って欲しくているとボミンに伝えるヘリョン。

人の夫に何してるのとボミンが聞きますが、自分から志願したと聞かされます。

ボミンに謝りながらも足や胸を出されれば舐めてしまうジソンに困惑するボミン。

ジソンは、ヘリョンのおもちゃでいたいし、これが幸せなんだとボミンに謝ります。

あり得ないと泣き出すボミンにソヘが現れ、裏切られてばかりより一緒に楽しみましょうとボミンの股間を責め、嫌がるボミンを部屋の中へ連れて行くソヘ。

そして、部屋のドアが閉まるのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『レンタルガールズ』42〜58話の感想・考察

少し前の作品の続きの今回の作品。

おそらくヘリョン達はあの不動産屋の女社長から話を聞き最初からジソンを狙って引っ越して来たみたいでした。

あんな可愛い奥さんがいるのに誘惑に負けたジソン。

しかし、ヘリョン達の魔性の魅力で仕方ないかと思えます。

あんなに激しく責められ、ボミンにバレるかもというシチュエーションは興奮しますね。

それにしてもこの作品に出てくるおばさんは、全然若い人と変わらない美貌とスタイルで凄い刺激的です。

最後はボミンも連れて行かれてしまいました。

まさかボミンまで陥落してしまうのでしょうか?

この続きの作品があれば見てみたいです。

毎回刺激的な作品が多いので次回も期待してしまいます。

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『レンタルガールズ』42〜58話のネタバレ・感想考察の紹介になります。

少し前の作品の続きの今回の作品。

ジソンは隣の部屋の住人に誘惑され陥落してしまいます。

新婚生活はどうなってしまうのでしょうか?

もし、同じような非日常な恋愛漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ