エロ(R指定なし)

レンタルガールズ16〜24話ネタバレ感想!女2人が1人の男を争奪戦

この記事では、スタジオワナビー先生のオムニバス漫画『レンタルガールズ』16〜24話のネタバレまとめを紹介します。(※16〜24話で完結ストーリー)

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、『レンタルガールズ』が3話無料で、割引や半額クーポンを使用してどこよりもお得に読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『レンタルガールズ』16〜24話のネタバレまとめ

『レンタルガールズ』16〜24話(第3章)の要点をまとめてネタバレ紹介します!

口の悪い従業員のおすすめ

ピンポーン。

「いらっしゃいませ!AVレンタルショップドーターズでございます~」

常連さんに気付いたのか「あら~、やっと来たのね。今度はかなり時間がかかったじゃない」と笑顔で挨拶する梅香。

「一体何回使ったのかしら。うふふ。さて、何かが付いたりしてないかな」等返したAVを観察しながら常連さんをからかう梅香。

一通りからかった梅香は「う~ん。お昼寝の時間だわ。ねぇ、舞蘭ちゃん~、お得意さんが来たんだけど、作品選ぶの手伝ってくれない?それじゃまたね~、かわい子ちゃん」と伸びをしながら、もう一人の妹に声をかけ去って行くのでした。

頼まれた舞蘭は「はぁ~、もう面倒くさいな。なんでわざわざ、おすすめなんか、なんでもいいでしょ」と少しイライラしているようです。

そして常連さんと目が合った瞬間「なに見てんのよ!?このヘンタイ~!」とキレる舞蘭。

とんでもなく口が悪い女の子です。

面倒くさそうに常連を軽く罵倒した舞蘭は「それで、なに~?あんたの好みは何なのよ~?」と質問してきます。

質問に答えた常連さんの声が枯れていることに「その声はどうしたの?どうして枯れているのよ、耳障りだなぁ。カラオケに行ってきて、声が枯れた?」とカラオケに行くことに驚く舞蘭。

その話から何かおすすめ作品を思いついた舞蘭は取りに行きます。

簡単にその作品の説明をし「これぐらいならヘンタイにはちょうどいいんじゃない?もう私は知らないから勝手に楽しみな。これあげるからぼーっとしてないで早く帰ってよ~」と手渡してくる舞蘭なのでした。

今回のおすすめ作品は「コイン・カップル」

バーで店員さんを含めて談笑する4人。

「そうだよ~、すげぇ~久しぶりだな!」とヘソルと言う男性が笑う。

「ヘソル、あんた、恋愛してるからかな、それとも整形手術とかそういうの受けたの?ちょっとカッコよくなったじゃん~!」と言う女性に「なんだよ~、お前、まだ俺に未練あんのか?」とニヤニヤしながら返すヘソル。

「だから前、俺が告白した時に付き合っとけばよかっただろ?」と言うヘソル。

それに同調するバーテンダーの女性にもからかわれ笑いながら怒る女性。

バーテンダーの女性はなんでこの女の子に付きまとっていたのかヘソルに質問します。

ヘソルは隣に彼女のミラがいるにも拘らず、その女性が美味しそうだったからと答えます。

女性は「隣に彼女さんもいるのに、そんなこと言っていいわけ?」と呆れた様子。

「大丈夫だよ~!うちのミラは全部理解してくれるしよ~!」とミラの胸を揉みながら言うヘソルに呆れる面々。

そのまま飲み会は盛り上がり、楽しい時間を過ごした4人。

会もお開きになり、帰ろうと代行を呼ぼうとするヘソル。

連休のせいか全く捕まらない代行。

いつ来れるか分からない代行を待つのも嫌なヘソルはミラと何処かで時間を潰すことに。

カフェかネットカフェとか考えていましたが、突然ヘソルが「コイン・カラオケ」に行こうと言い出します。

ミラは初めて聞くようで戸惑っていましたがヘソルが強引に押し切る形に。

ミラの手を取り向かうヘソルなのでした。

一方所変わって郷土料理のお店で彼女ジヨンの誕生日を祝うサンウン。

「ジヨンちゃん、改めてお誕生日おめでとう!ここは僕のおごりだからさ!いっぱい食べてよ!」と彼女に満面の笑みで言うサンウン。

ジヨンは「コムタンも悪くないけど、彼女の誕生日に締めのコムタンって、ちょっとセンス悪くない?これだから恋愛素人は~」と言うとサンウンは「ごめん」と謝ります。

「どうも、ありがと!はいはい!食べよ食べよ!」とフォローするジヨン。

サンウンは焦りながら料理を悩んでいるとジヨンは「もういいから~。コムタン二人前頼もうよ」と言いますが、サンウンは「で、でもジヨンちゃんの誕生日なんだし」と少し困り顔。

そんなサンウンの股間を足で責め立てながら「でもも何も、私はそれでいいの!今日、おいしいものいっぱい食べたんだし~」と悪戯っ子のような笑顔で言うジヨン。

「その代わり、後でお金稼いだら素敵なお店でちゃんとおごってよね!」と言うジヨンに初心な反応を見せるサンウン。

そんなサンウンの反応に溜息をつくジヨンなのでした。

その後お酒も進みサンウンは、ジヨンの誕生日をこんな形で終わらせたくないと言い、それを聞いたジヨンは「どうしたの?さっきの言葉もしかして気にしてた?大丈夫だよ~、年下の彼氏さん」と自分の胸にサンウンの顔を埋めさせるジヨン。

「お酒もずいぶん飲んだんだし、あそこで少し休もうか?」と真剣な顔で言うサンウンに「う、うん?ラブホ?」と顔を赤らめながら聞こうとしたジヨンに被せる様にサンウンは「カラオケ!コイン・カラオケに行こうよ」と言われガッカリするジヨンなのでした。

コイン・カラオケに着いたサンウン達。

店に入ると団体ルームが使えないことに怒ったヘソル達が店員に文句を言っていました。

ジヨン達に気付いた店員は先にサンウン達を案内しようとします。

先に来た自分たちよりサンウン達を優先されたことに怒ったヘソルは「もういいから!小さいルームでも!」と言い部屋に入るのでした。

続いてサンウン達も別の部屋に入りました。

ヘソルは歌いながらミラの胸を揉んでいました。

それが終わりヘソルが歌に集中しているのを見ておもむろにスマホで自分の下着の写真を撮りだすミラ。

そんなミラの太ももを鷲掴みするヘソル。

バレたかと思い焦ったミラでしたが、ただ揉んでいるだけでした。

一方ジヨン達の部屋ではサンウンが先程のコムタンのお店から拝借した酒を取り出し盛り上がっていました。

ジヨンはその生活力に呆れつつも盛り上げてくれるサンウンに笑っていました。

サンウンはジヨンにアイドルの歌をリクエストしますが別の歌を唄い、少しいじけるサンウン。

その頃ヘソル達の部屋では、ヘソルの股間を口で奉仕中のミラ。

酒が無くなったのでミラに頼むと「もうしゃぶらなくてもいいんですか?」と言うミラ。

ヘソルは自分で言い出したのにと呆れながらも、こうなったミラは乱暴に扱ってほしい時なので言葉で罵り、自分で買いに行くヘソル。

ここまですれば満足したはずだと部屋を出るヘソル。

ヘソルが廊下を歩いていると部屋から蹴りだされたサンウンに靴を踏まれます。

どうやらいくら思わせぶりな態度を取ってもその気にならないサンウンにイライラしたジヨンが怒りの蹴りを食らわせたようです。

体当たりされた上に靴を踏まれ怒ったヘソルにサンウンは謝りますが、突き飛ばされ暴言まで吐かれるサンウン。

サンウンもヘソルの事が嫌いのようでかなりイライラ。

そんなサンウンはトイレの個室でSNSでお気に入りの「メス豚ちゃん」というアカウントをチェックします。

刺激的な写真の数々に股間を膨らませるサンウン。

自分もこんな女性をどうにかしたいと願望を持ちながらチェックしていくと、メス豚ちゃんは今コイン・カラオケにいる様子。

自分もいることに少しテンションが上がるサンウン。

同じカラオケだったりしてと考えるサンウンですが、実はメス豚ちゃんはミラなのでした。

酒を買い終えたヘソルは再び代行に連絡していました。

まだ1時間はかかると言われイライラするヘソル。

ふらふらと部屋に戻ると、服を脱いでノースリーブで寝ているジヨン。

ミラだと思い抱きつくヘソル。

そこへサンウンが入って来て慌てて部屋を出るサンウン。

カラオケまで来て寝ているヘソルにイライラしながらも部屋に戻るサンウン。

部屋に入るとお尻を向けて股間を弄るミラ。

「どうして、こんなに遅かったんですか」と言うミラに興奮するサンウン。

ジヨンじゃないことに気付いたサンウンですが、どうやらミラは自分がいけないことをしてお仕置きを待っている様子。

ドッキリを疑うサンウンですが、大丈夫なようなのでビッグチャンスとばかりにズボンを膨らませるサンウン。

ミラのお尻を叩き、ジヨンにはない感覚に興奮するサンウンなのでした。

ちょうどその頃ヘソルは目を覚まし、そのまま目の前にあるジヨンの胸を揉みだします。

ジヨンはサンウンだと思っているらしく、今までなかったのに急に胸を揉んでくるので寝たふりをしていました。

一方のヘソルはいつものミラより胸が小さいことに気付き顔を見てミラじゃないことが分かり愕然。

しかし、股間は反応してしまい困っているとジヨンが目を閉じたまま笑っています。

ジヨンが楽しんでいると思い、そのまま続けることにしたヘソルですが途中でジヨンに気付かれてしまい、蹴り飛ばされました。

「サンウンじゃないじゃない!何者なのあんた!」と怒るジヨンに「ちょっと待ってください!俺の話を聞いて」とヘソル。

「あんたは一体何者かって聞いてるのよ。このクソ野郎!」と言うジヨンの目にはヘソルの膨らんだズボン。

「こ、こいつ。こんな言葉を聞いてもっと大きくなってるの?このヘンタイ野郎が!」と更に怒るジヨン。

酔っぱらって部屋を間違えて、彼女だと思ってついというヘソルの手には外車の鍵。

それを見たジヨンは「それで、彼女と間違えて謝ったらそれで終わりなの?知らない人の体を勝手にイジっておいて?」と怒るジヨンに「だったら電話番号でも教えてくれませんか?」とヘソル。

「電話番号はどうして?」と質問するジヨンに「俺のミスはなんとか弁償しますから」と答えるヘソル。

帰ってこないサンウンにイライラするジヨンはヘソルに足のマッサージを頼みます。

こんなことがバレたら困るし、足のマッサージで済むならと承諾するヘソル。

ちょうど自分のタイプだったから弁償を口実に口説いてみようと思ったのに、まさかの要求にドキドキするヘソル。

ジヨンはサンウンと違って男らしくイケメンのヘソルの優しい手つきに癒されます。

しかしヘソルは何故か段々ムラムラしてきて、またズボンが膨らんでしまいます。

それを見たジヨンはヘソルはそういう趣味なのだと確信。

今度は足を舐めるように要求します。

突然の要求に困惑するヘソルですが、このまま叫ばれたら困るので従うことに。

従順なヘソルについには自分のモノにしたいと思い始めたジヨンは口説くことを決意するのでした。

一方のサンウンは自分の膝にミラを乗せお尻をマイクで叩いていました。

いつものヘソルよりノリが良すぎて困惑しながらも興奮するミラ。

サンウンもジヨンでは出来ないことが出来て興奮しています。

しかしミラも途中でヘソルではないと気付き混乱している様子。

サンウンもこれは事故だと必死に言い訳をしますが困惑するミラでした。

隣の部屋ではヘソルも困惑していました。

ジヨンに足を舐めさせられたりと屈辱的なことをされているのにも関わらず興奮してしまうヘソル。

それを見て少しずつハードルを上げていくジヨン。

ヘソルを横にしその体や股間を足蹴にするジヨン。

思わず大きな声を上げるヘソル。

その声は、隣の部屋のサンウンとミラ達にも聞こえました。

サンウンの話からこの喘ぎ声がヘソルだと確信したミラは、ヘソルが知らない女性と行為を行っているとショックを受けますが、それとは裏腹に体は疼いてしまい、サンウンの前で股間を弄りだします。

サンウンはミラが彼氏を寝取られたことに興奮しているのではと思い、もしそうなら自分の理想の女性じゃないかと目を輝かせます。

サンウンは隣で彼氏も楽しんでいるようだし、自分たちも楽しもうと提案します。

突然の提案に悩むミラ。

サンウンは男がどうしたら満足するのか教えると言葉巧みにミラを段々その気にさせていきます。

ヘソルが承諾したことでサンウンはある質問をします。

「優しくしましょうか?それともさっきみたいにしましょうか?」

ミラはもじもじしながら「それは、さ、さっきみたいに」と答えます。

サンウンはニヤッと笑い、命令口調でミラを責めるのでした。

汚い言葉で罵られ、荒々しく体の隅々まで責められ恥ずかしがりながらも従うミラ。

そんなことをしているとミラのスマホの画面がサンウンの目に入ります。

それは見慣れたSNS。

なんとミラはサンウンのお気に入りの「メス豚ちゃん」だったのです。

女2人が1人の男を争奪戦

となりの部屋ではジヨンがヘソルを足と言葉で責めていました。

今度は自分が楽しむと言い、自分のパンツを脱ぎそのままヘソルの顔に座ります。

困惑しつつもどんどんムラムラしてきたヘソルは口でジヨンの股間を責めることに。

ヘソルのズボンを脱がすとサンウンより小ぶりのモノが。

それも言葉と手と口で荒々しく責め、ヘソルを悶絶させるジヨン。

そして、本番を始める2人。

一方、サンウンはミラの体の隅々までチェックが終わり、今度はサービスをしろミラに命令します。

しかも、SNSでの名前で。

どうしてサンウンが知っているのか焦るミラ。

サンウンがSNSで「いいね」をいつもつけていることを明かし、それを知ったミラは更に恥ずかしくなります。

羞恥心からか余計に濡れてしまうミラは全てを受け入れることに。

サンウンとミラも本番を始めるのでした。

サンウンのモノのサイズに驚愕するミラ。

そんなミラの頭を押さえつけ行為を始めるサンウン。

壁1枚挟んだ隣同士の部屋でカップルを交換して行為を行う4人。

最初は興奮していたジヨンですが、ヘソルとの行為に少しガッカリしていました。

サンウンと違い物足りないのです。

ジヨンはサンウンと好みは合わないが体の相性は抜群だったのを思い出し、隣の部屋にいるであろうサンウンを取り戻しに行く決意をします。

手と足を駆使しヘソルを骨抜きにし、隣の部屋に入るジヨン。

急にジヨンが現れた為驚くサンウン。

行為中のミラをどかし、サンウンの股間を責めるジヨン。

ジヨンとミラがサンウンのモノを取り合う展開に。

訳が分からない状況に困惑する暇もなく悶絶するサンウン。

ジヨンとミラでどちらがサンウンを最高潮にできるか勝負になりましたが、引き分けに終わりました。

その後4人はどうなったか分かりませんが、「メス豚ちゃん」のアカウントが更新されました。

そこには3人で楽しんだ様子が書かれているのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『レンタルガールズ』16〜24話の感想・考察

今回の作品はコイン・カラオケという舞台で2組のカップルがひょんなことからパートナーを入れ替えて行為に発展するというお話でした。

ヘソルの間違いからこのような状況になりましたが、そのまま行為に発展するという展開は凄いですね。

まあ、その時の気持ちやお酒の力もあってのことだと思いますが…。

サンウンのSNSでのお気に入りのアカウントの持ち主がミラという偶然の展開も衝撃でした。

サンウンとミラは良い感じで行為をしていましたが、ジヨンはヘソルとは物足りない様子。

性格の合わなさはあるものの、身体の相性は抜群ということを思い返し、隣の部屋のミラからサンウンを取り返しに行くという流れで、ジヨンとミラは修羅場になるかと思いましたが、サンウンの体をどちらが気持ち良くさせられるかの対決に発展するという流れに…。

後にミラのアカウントが更新され、どうやら3人で楽しんだようです。

そうなってくるとヘソルが何かかわいそう。

まあ、ヘソルは自分の知らない性癖を知れたから良しとしておきましょう。

最終的にヘソル以外の3人が仲良く(?)なって終わりました。

次はどんな作品なのか楽しみです。

 

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『レンタルガールズ』16〜24話のネタバレ・感想考察の紹介になります。

コイン・カラオケでたまたま入れ替わってしまったカップルが何故か行為に発展する展開に…。

いつもと違う相手に興奮する4人の男女。

一体どうなってしまうのでしょうか?

もし、同じような非日常な恋愛漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ