こじらせ男女

ワタシってサバサバしてるから24話のネタバレ感想!イライラが溜まる網浜は逆転を狙う

この記事では、とらふぐ/江口心先生のコミックなにとぞ連載漫画『ワタシってサバサバしてるから』24話のネタバレ・感想を紹介します。

▼登録後すぐに1200P(円)がもらえる▼

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

スポンサードサーチ

『ワタシってサバサバしてるから』24話のネタバレ紹介

イライラが溜まる網浜は逆転を狙う

社史編纂室のドアが荒々しく開き、鬼の形相の網浜とヨレヨレの米沢が取材から帰ってきました。

千堂は笑顔で迎えましたが、網浜は息も荒くイライラしています。

取材に行ってイライラしに行っただけだとイラついていると、目の前の席の木内が目に入ります。

いつものようにまだ終わってないのとか、仕事と質はスピードとバランスが大事だとかマウントを取りますがニコッと微笑むだけで何も言い返してこない木内にまたイラっとする網浜。

取り敢えず、取材出来なかった部分は自分のセンスと経験で作成を始めた網浜。

社史編纂室の面々に実力の違いを見せつけてやると物凄いスピードで記事を作成し千堂の元へ持って行きます。

もう出来たのかと驚く千堂に、余裕ですと自信満々に原稿を渡します。

それをチェックした千堂は網浜にニコッと微笑み、「ボツです。やり直してください」と原稿を網浜に返します。

予想外のことに千堂に聞き返す網浜ですが、結果は変わらずやり直し。

そんなやり取りをしていると木内も原稿を千堂に見せ一発合格。

いつも丁寧な原稿ですねと千堂に褒められる木内の姿に納得がいかず、自分の原稿のどこがいけないのかと質問する網浜。

千堂は溜息を軽くつき、「まず原稿の内容以前に日本語がおかしいです。誤字脱字も多数あります。内容も含めて全体的にザツなんです。」と返します。

「ザツって何よ?いったいどこが」と聞き返す網浜に「今まで編集部にいたと言いますが、何をやってこられたのでしょうか?」と真顔で逆に聞き返されてしまった網浜。

くるっと自分の席に戻り「だめだ、この爺さんには私の能力が高すぎて理解できないんだ。こんな部署にいたら私はつぶされてしまう。早く前の編集部に戻る策を考えなきゃ」と危機感を募らせる網浜。

そんな網浜の目に入った1枚のチラシ。

そこには「社内公募コンペのお知らせ」と書かれていて、入選すると金一封と該当企画を実現するリーダーとして抜擢される予定とのこと。

「これだ!!」と悪い笑いを浮かべる網浜。

網浜の逆転劇が始まるのでしょうか?

スポンサードサーチ

『ワタシってサバサバしてるから』24話の感想・考察

自分がルールを守らなくて怒られたのにイライラしている自サバ女網浜。

助手の米沢はヨレヨレです。

お得意のマウント取りも木内には不発し、イライラは溜まっていきます。

木内さんのスルースキルは網浜に効果が抜群です。

更に原稿を早く仕上げたのに、日本語の使い方や誤字脱字の多さからボツにされ、千堂からは追いうちの「編集部で何をやってこられたのでしょうか?」の一言。

千堂達は自分のレベルにはついてこれないと諦め、何とかして編集部に戻らなければと謎の危機感に駆り立てられます。

記事の雑さが酷いのにお門違いにもほどがあります。

しかし、そんな勘違い女網浜は「社内公募コンペのお知らせ」のチラシを見つけ、大逆転で周りを見返す決心をします。

勘違い&自サバ女網浜の逆転劇が始まるのでしょうか?

▼登録後すぐに1200P(円)がもらえる▼

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『ワタシってサバサバしてるから』24話のネタバレ・感想考察の紹介になります。

自分勝手な解釈でどんどんイライラしていく網浜に千堂がとどめの一言。

社史編纂室のメンバーは自分よりレベルが低すぎてついてこれないと判断した網浜は、「社内公募コンペ」で大逆転を狙います。

果たしてうまくいくのでしょうか?

おすすめ漫画|コミックなにとぞ

同じ掲載先「コミックなにとぞ」で、かなりぶっ飛んだOL漫画のおすすめ3選はこちら!

こんな記事もおすすめ