こじらせ男女

ワタシってサバサバしてるから23話のネタバレ感想!取材で古巣へ行き暴走する網浜

この記事では、とらふぐ/江口心先生のコミックなにとぞ連載漫画『ワタシってサバサバしてるから』23話のネタバレ・感想を紹介します。

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

スポンサードサーチ

『ワタシってサバサバしてるから』23話のネタバレ紹介

取材で古巣へ行き暴走する網浜

社内の各部署の取材を米沢と一緒に行くように千堂から頼まれた自サバ女網浜。

その頃編集部では藤川たちが網浜が異動したせいかストレスが減り気分が良いと話していました。

そんな話で盛り上がっていると突然悪寒が…。

網浜の話題で悪寒がなんて笑っていると、突然背後から「もしかして今私の噂してたぁ?」と突然網浜が襲来。

悲鳴を上げ驚く2人。

網浜になぜここにいるのか訊ねると「社史編纂室として編集部の取材に参りましたぁ」と答えます。

隣にいる米沢はとても気まずそうです。

網浜は「社史編纂室の奴らに編集のイロハから教えてやるつもりよ。で、まずは私が古巣の取材に来たってわけ。早速だけど時間ある?」と聞いてきます。

驚く2人はアポなしでいきなり取材なんてと困ってしまいます。

米沢も「だから言ったじゃないですか。事前にアポを取らないとダメだって」と網浜に伝えますが、相変わらず面倒臭いと溜め息。

「もっと臨機応変に仕事した方がいいよ~?私みたいに」と言われ、カチンとくる藤川。

そんな藤川たちを無視しズカズカと米沢を連れて取材を強行する網浜。

藤川たちは「なんなのあれ」、「異動先でもあの性格は直らないのね」と呆れるのでした。

網浜は米沢に作成中の記事を撮るように指示。

米沢は「え、勝手に撮っていいんですか?」と網浜に聞きますが「ちょっとくらい平気。!ーキ!」と答えます。

それを見た他の社員が「ちょっとあなたたち誰ですか!?」、「勝手に撮影されたら困ります!」と慌てて止めに入りますが、「あんたたちこそ誰よ!新入社員?」と網浜の凄みに押されまてしまいます。

そこへ「網浜さん?お久しぶりです。」と本田が現れます。

本田を見てイラッとする網浜。

本田から「ここは部外者は入室禁止エリアですので何か御用であれば」と言われ「いいじゃん!もともと同じ部署なんだから堅苦しいこといわないでよっ。大体さ、部外者って何よ!感じ悪いわね。もっとオープンマインドでいかないと仕事は円滑に進まないよっ」と反論する網浜。

しかし、「とにかく編集部内にある情報はすべて機密情報です。部外者の方はご退出ください」と本田に言われ血が上る網浜。

「いじめかよ!私をのけ者にしていい子ぶっちゃってさ。ほんっといい性格してるわ!」とブチギレ。

網浜の反論に「違いますっ。いじめではありません。これは社内ルールでありビジネスにおいては常識です」と返され何も言い返せない網浜は、米沢を連れて部屋を出て行きました。

怒りの収まらない鬼の形相の網浜。

それを見た本田は「網浜さん。相変わらずですね」と呆れるしかないのでした。

スポンサードサーチ

『ワタシってサバサバしてるから』23話の感想・考察

アポなし取材。

安定の自分勝手全開の自サバ女網浜です。

せっかくいい空気でストレスなく仕事をしていた藤川たちも久々の網浜襲来に大変です。

そんな藤川たちを無視し、記事を勝手に撮影したりとやりたい放題の網浜に他の社員が止めに入りますが、網浜の凄みに押し返されてしまいます。

新入社員ならトラウマものです。

そこへ救世主として本田が現れ、何とか網浜にやめるようにたしなめますが、本田が嫌いな網浜は更に猛反発。

ルール、ルールと何度も言われ、ついにブチギレる網浜。

もう滅茶苦茶です…。

ですが結局言い負かされ鬼の形相で去っていく網浜。

定番の流れです。

本田も呆れていましたし、助手としてついてきた米沢も申し訳ない気持ちいっぱいみたいです。

次回もまだまだ波乱が起きそうです。

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『ワタシってサバサバしてるから』23話のネタバレ・感想考察の紹介になります。

何処にいっても傍若無人の網浜にみんな振り回されて大変です。

網浜を止めれるのは本田くらいでしょうか?

おすすめ漫画|コミックなにとぞ

同じ掲載先「コミックなにとぞ」で、かなりぶっ飛んだOL漫画のおすすめ3選はこちら!

こんな記事もおすすめ