エロ(オトナ作品)

セックスしないと死ぬ病1巻ネタバレ感想!誓いのキス直前に公開処刑

この記事では、水無月三日先生のもえスタビースト連載漫画『セックスしないと死ぬ病~発病したらセックスは義務~』1巻のネタバレ・感想を紹介します。

マドカ
マドカ
コミック.jpなら『セックスしないと死ぬ病』が全巻無料で読めますよ!
▼登録後すぐに1200P(円)がもらえる▼

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

『セックスしないと死ぬ病』1巻のネタバレ紹介

誓いのキス直前に花嫁が神父とおっ始める

晴れの結婚式で、神秘を前に永遠の愛を誓い合う新郎新婦。

そしていよいよ誓いのキスという場面で、神父がとある病気を発症。

それが、日本で新たに公認された恐るべき病気。

─セックスしないと死に至る病─

“異性のパートナーが長らくいないものに多く発病する傾向にあるため、「非モテ病」とも呼ばれる。”

法律では、近くにいる女性が非モテ病が発病した男性の相手をし、30分以内に子宮に息子の元を射出することが義務付けられている、わけです。

発症者は黒目が赤くなるので、女性は男性の目で演技かどうかを最初に見極めます。

また、非モテ病が完治するには、誰かを身篭らせることが絶対条件。そうしないと、たびたび発症するため、女性としては厄介この上ない。

一説によれば、超少子高齢化が進んだ結果、種を残そうと人類の生存本能が働き、この病気が発生したとも言われているものの、はっきりした理由は不明。

そんなわけで今、新郎の目の前で霰もない姿で貪られている花嫁。

花嫁の両親は葬式のように嗚咽を漏らし悔しがる様。

女性参列者は自分はギリセーフで良かったという安堵の表情。

ウェディングドレスが乱れまくった花嫁は、ここでは新郎の目が気になるからと、個室に神父を連れていき続きを再開。

ドア越しに背中をもたれさせ、花嫁が蹂躙される声に絶望する新郎。

一方、神父はコトが済んでにもかかわらず、いわゆる完治させるまで続きを味わうと言って、行為は続行。花婿メンタル瀕死…

息子にヤりたい放題にされる美母

小学校の担任の先生に電話で、息子・拓郎が連日欠席することを伝える母。

理由は例の病気が発症して治らないため。

担任は生徒の母の吐息と、興奮したの教え子の声を耳に当て、フルスタンド状態。

「あー…俺も発症しないかな…」という淡い期待を漏らす担任。

その頃、ベッドで息子に好き放題されてい母は、なぜこんなことになったのか回想。

それはある日、夫と夕暮れ時にもかかわらず営み開始。ちょうど帰宅してきた息子に現場を見られてしまうのです。

その瞬間、性に目覚めた息子が非モテ病を発症。

姉やママ友にも助けを求めたが、当然ながら誰からも断れ、息子を見殺しにはできないため、母として責任を取るわけです。

『セックスしないと死ぬ病』1巻の感想・考察

時代設定は、現在から20年後くらいの日本の超高齢化社会をイメージされています。

正直、こんな法案よく通ったな!というところからツッコミが捗ります(笑)

作画がとにかく極端で、女性キャラはシンプルに艶かしくエロく、男性キャラは死人のように青白いキモキャラという、背徳感をバッチリそそられるコントラスト。

花嫁が神父にオカサレルとか地獄ですね(笑)神父は本当に天国に行ったような気分でしょうが…

一方の小学生の息子・拓郎に対し、感情オフで相手をする母が、だいぶ思い詰めた感じなので、これからどうなってしまうのか気になりますね。

▼登録後すぐに1200P(円)がもらえる▼

コミック.jp公式サイトはこちら※登録後30日以内の解約で月額は発生しません。

まとめ

以上、『セックスしないと死ぬ病』1巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

とにかく近い未来の話らしいですが(んなアホな)、リア充男子は問答無用で彼女や奥さんを非モテオタに種付けされる理不尽の極みってことは確か。

非モテ男子も「こんな俺が…うう申し訳ない…」と懺悔しながらも、身体はメチャメチャ正直!という描写に思わず苦笑いです。

おすすめ漫画|オトナ漫画

他のオトナ漫画作品が気になる方は、以下作品もおすすめですよ!

\山田金鉄さん新作『かさねと昴』/

»『かさねと昴』のネタバレ全話まとめ・1巻無料で読む方法はこちら!

こんな記事もおすすめ