毒親

血の轍12巻の発売日とネタバレ感想!

この記事では、ビッグコミックスペリオール連載の押見修造さん原作『血の轍』12巻の、

  • 発売日
  • ネタバレ感想・考察
  • 無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

スポンサードサーチ

『血の轍』12巻の発売日はいつ?

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『血の轍』の発売ペース

  • 4巻:2018年9月28日
  • 5巻:2019年2月28日
  • 6巻:2019年8月30日
  • 7巻:2019年12月26日
  • 8巻:2020年4月24日
  • 9巻:2020年8月28日
  • 10巻:2021年1月29日
  • 11巻:2021年6月28日

『血の轍』の単行本は約4〜6ヶ月ペースで発売されていることから、12巻の発売日は2021年6月28日頃と予想されます。

こちらは、あくまで予想なの公式発表され次第、更新していきますね!

スポンサードサーチ

『血の轍』12巻のネタバレ

12巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

※97話〜105話まで収録予定。

『血の轍』97話のネタバレ

裁判所と鑑別所…

警察署で一夜を過ごした静一は裁判所に向かう事になります。

裁判所に到着すると、静一は警察官の指示でコードを着るように言われ、その通りにしてフードを被って裁判所に入ります。

裁判所で自分がやった事を伝えた静一は、処分が決まるまでは鑑別所に行く事になったのです。

鑑別所に到着すると黒服の男性から服を脱ぐように言われ、その通りにするも体のあちこちを見られ、精神的苦痛を味わう静一。

それからジャージに着替えて部屋に入ると、男性から生活についての説明を受ける静一。

説明し終えた男性が出ていくと、静一は正座して座るのでした。

『血の轍』98話のネタバレ

面会…

鑑別所に送られた静一は職員から面会があると言われ、部屋へと向かいます。

そこには弁護士の江角がおり、彼女は付添人になった事を告げるも静一は警戒していました。

江角は色々と尋ねるも、警戒しているせいか曖昧な答えしか言わない静一。

そして江角が帰ろうとした際、静子は自分がここにいる事を知っているのかと聞く静一。

対する江角はそれはまだ不明だけど、調べてみると言って去って行きました。

独房に戻った静一は職員の指示で内省をするように命じられ、その通りにすると静子の事を思い浮かべていたのです。

そうしたら静子の幻が現れ、褒めてくれたのです。

『血の轍』99話のネタバレ

静子の感情…

鑑別所にいる静一の前に調査官の宮下が現れました。

静一の事に関して知っている宮下は色々質問していくが、静一は何も言いませんでした。

そんな彼を見て、何か書きたい事があれば書けばいいと言う宮下。

その後、静一は何か書こうとしたら、父親の一郎と弁護士の江角が来たので会う事になりました。

一郎は静一の事を信じていると言うのだが、ずっと無言だった静一。

やがてこの事を静子は知っているのかと聞くと、江角は伝えたけど、その際悲しんでいたと答えます。

部屋に戻った静一はどうして悲しんでいたのかと自問自答していたのです。

『血の轍』100話のネタバレ

静一の中での静子…

寝ている静一を起こした静子は、彼に対して自分の事を考えて人殺しと口にします。

静一は起きるも今のは夢だったので静子はいなかったが、凄い汗を掻いていたのです。

翌日、宮下にノートを見せる静一。

ノートを拝見した宮下は静一にとって静子は大切な存在だと認識しつつ、その事を肯定した静一に対して自分でその事を自覚し、自分で決める事が大事だと言います。

対する静一は否定するも、静子の事ばかり考えていたのです。

その後、取り調べを受けて房へと戻る静一。

そして今度は検事がやって来て、静子がしげるは自分が落としたのではなく、自分から落ちたと供述を変えた事を伝えられ、驚きました。

『血の轍』101話のネタバレ

違う供述…

検事は静子はしげるを落としたわけじゃ無く、自分から落ちたと供述していると静一に話します。

それ故に本当に落としたのを見たのかと聞く検事。

静一は最初は肯定するも、やがてもしかしたらはっきり見てないかも、心の中で落とせと思ったから静子が落としたと思ったかもしれないと言い出します。

検事は叔父と叔母が静子を土下座させたのかと聞くと、静一は肯定したのです。

しかし、検事は静一に姿を見せたくなかった、2人が怖くてそうしたと静子が言っていた事を話したので、唖然とする静一。

それ故にもう一度話すように言う検事だが、静一は自分の今までは何なんだと錯乱し始めました。

まともな話が出来ない状態なので、一度房に戻された静一。

そしてしげるの遺体を思い出すと、その遺体が自分は何故命を落としたのかと静一を責め立てます。

そうしたら蝶が現れ、蝶がいた場所に光になると静子の姿が露わになりました。

静一はそんな静子に手を伸ばしたのです。

『血の轍』102話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』103話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』104話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』105話のネタバレ

ただいま更新中です

スポンサードサーチ

血の轍12巻の感想・考察

罪悪感に襲われる…?

鑑別所に送られ、処分を待つ事になった静一ですが、次第に罪悪感に苦しめられるのではないでしょうか。

ここにいるのは皆敵のような状態であり、静一の味方になってくれるような人達は誰もいません。

最初のうちは平然としているが、そのうち罪悪感に苦しむと思います。

静子への想いは残ってる…?

静子が逮捕された際、好き放題言っていた静一でしたが、今でも母親の事を想っている様子ですね。

口では好き勝手言っても、母親の事は忘れられないのだと思います。

それに幻とは言え、母親に褒められていましたから、静一は今回の事は余り反省しないでしょうね。

静子の感情はどっち…?

江角から静子が悲しんでいたと言っていましたが、どちらの意味の悲しみだったのでしょうか。

静一が手を下させてしまった事に関する罪悪感なのか、静一も自分と同類になったと言う歓喜なのかが分かりません。

どちらかなのかは、いずれ明らかになるのではないでしょうか。

裏切り…?

まさかの裏切りでしたね。

静子は静一が一旦房の中にいる事を聞かされ、全ての罪をなすりつけようとしているのかもしれません。

警察に連れていかれていく前、静一は静子の事を罵倒していましたので、その意趣返しのつもりなのだと思います。

最初に落としたのも静一…?

しげるの遺体が静一を責め立てた事から、最初にしげるを落としたのも静一じゃないかなと思いますね。

そうじゃないと静一の前に現れ、責めるなんて展開にはならないでしょうしね。

それ故に静一は静子のせいにしたのかもしれません。

まとめ

以上、『血の轍』12巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

押見修造さんの繊細な絵のタッチと人間のドロッとした部分をもっと感じたい、という場合は以下作品たちもおすすめですよ。

こんな記事もおすすめ