毒親

血の轍12巻の発売日とネタバレ感想!

この記事では、ビッグコミックスペリオール連載の押見修造さん原作『血の轍』12巻の、

  • 発売日
  • ネタバレ感想・考察
  • 無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

スポンサードサーチ

『血の轍』12巻の発売日はいつ?

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『血の轍』の発売ペース

  • 4巻:2018年9月28日
  • 5巻:2019年2月28日
  • 6巻:2019年8月30日
  • 7巻:2019年12月26日
  • 8巻:2020年4月24日
  • 9巻:2020年8月28日
  • 10巻:2021年1月29日
  • 11巻:2021年6月28日

『血の轍』の単行本は約4〜6ヶ月ペースで発売されていることから、12巻の発売日は2021年6月28日頃と予想されます。

こちらは、あくまで予想なの公式発表され次第、更新していきますね!

スポンサードサーチ

『血の轍』12巻のネタバレ

12巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

※97話〜105話まで収録予定。

『血の轍』97話のネタバレ

裁判所と鑑別所…

警察署で一夜を過ごした静一は裁判所に向かう事になります。

裁判所に到着すると、静一は警察官の指示でコードを着るように言われ、その通りにしてフードを被って裁判所に入ります。

裁判所で自分がやった事を伝えた静一は、処分が決まるまでは鑑別所に行く事になったのです。

鑑別所に到着すると黒服の男性から服を脱ぐように言われ、その通りにするも体のあちこちを見られ、精神的苦痛を味わう静一。

それからジャージに着替えて部屋に入ると、男性から生活についての説明を受ける静一。

説明し終えた男性が出ていくと、静一は正座して座るのでした。

『血の轍』98話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』99話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』100話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』101話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』102話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』103話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』104話のネタバレ

ただいま更新中です

『血の轍』105話のネタバレ

ただいま更新中です

スポンサードサーチ

血の轍12巻の感想・考察

罪悪感に襲われる…?

鑑別所に送られ、処分を待つ事になった静一ですが、次第に罪悪感に苦しめられるのではないでしょうか。

ここにいるのは皆敵のような状態であり、静一の味方になってくれるような人達は誰もいません。

最初のうちは平然としているが、そのうち罪悪感に苦しむと思います。

まとめ

以上、『血の轍』12巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

押見修造さんの繊細な絵のタッチと人間のドロッとした部分をもっと感じたい、という場合は以下作品たちもおすすめですよ。

こんな記事もおすすめ