エロ(R指定なし)

ペッタん娘じゃダメですか?3巻ネタバレ感想!青葉の鈍感さに桐山は激怒

この記事では、吉沢雅先生の漫画『ペッタん娘じゃダメですか?』3巻のネタバレ・感想を紹介します。

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『ペッタん娘じゃダメですか?』3巻のネタバレ紹介

青葉の鈍感さに桐山は激怒

桐山が偶然入った書店はここのの働く書店で気まずい空気の2人。

どうして桐山がここに来たのか考えるここの。

「後をつけられてた?偶然?そんなことある?」と焦るここのでしたが、桐山が買おうとした本を見てニヤリ。

その本の表紙は「胸の小さな女の子」でした。

「あんたちっぱいには興味ないとか言っといてさ~ww」とにやけるここのに「しまったあああああッ」と何も言えない桐山。

そんな桐山に「お客様!貧乳派の方ですか?」と食い気味に尋ねてくる青葉。

桐山の手を取り「オレと友達になってください」と言ってくる青葉に困惑する桐山。

もしかしてこいつがここのの好きな奴かと考える桐山に「彼女さんとかいないですか?」と聞いてくる青葉。

今はいないと答える桐山に、自分と仲良くなったらここのはどうでしょうと薦めてきます。

「なんじゃそりゃあああああッ」と心の中で叫ぶここの。

落ち込むここのは桐山の方を見るとかなり怒っている様子。

「あんたさ、もう少しアタマ使って発言しろよ」と怒る桐山なのでした。

少し時間が経った書店のロッカールーム。

落ち込む青葉。

「ごめんね。ちょっと暴走しすぎちゃったかなオレ。オレが仲良くなった人であればここのちゃんも安心できると思ったんだ。変な男に騙されたらここのちゃんが可哀想だもん。でもあの人の言うとおりだよね。オレは馬鹿だ」と言う青葉。

「しかもここのちゃんは胸が小さいから彼氏ができません、って断言してるような感じだし、お客さんからしても不愉快だよね?貧乳好きなのにそれを否定しちゃったわけだから」と慌てる青葉にちがうちがうと心の中でツッコむここの。

ここのがこんなにかわいいのに何で彼氏ができないんだと呟く青葉。

「わたし、かわいいでしょうか?」と尋ねるここのに「うん、かわいいよ」と答える青葉。

そんなやり取りをしている外では、ここのを心配した桐山がここのが出てくるのを待っていました。

そこに泣きながら現れるここの。

ここのは青葉と会話している最中、いろいろ妄想を膨らせたようですが、「言えるわけないじゃん!」と桐山の胸ぐらを掴んで泣き喚きます。

街中で泣き喚くここのに「オレが泣かしたみたいになるからやめろ」と言う桐山。

メンタルボロボロで泣き叫ぶここのに「奢ってやるから飲みに行くぞ」と言う桐山に「愚痴も聞いてえ!」と叫ぶここのでした。

居酒屋ではここのが1杯飲んだだけでへべれけになるここのに困惑する桐山。

「忘れるまで飲みたい」と言うここのに「忘れるまで飲むのは悪い酔い方なんだよ」と怒る桐山。

「悪くたってなんでもいいの。私の胸は無価値じゃないもん」と桐山の手を自分の胸に持っていくここの。

そんなここのをテーブルの上に押し倒す桐山。

桐山には胸を揉まれたりしてもだいじょうぶだったりと不思議がるここの。

桐山に胸を揉まれ、舐められ、悶絶するここの。

「何事にも素直になれるってもんは楽なもんだ。だからもういいじゃんあんな奴。どーせあいつだってどっかしらで例の女とよろしくやってるって」と桐山はここの胸をせめたてるのでした。

ラッキーすぎるエロシチュ漫画おすすめ7選|無料で読む方法この記事では、ラッキーなエロシチュ漫画おすすめ7選を紹介します。おすすめ漫画を無料で読む方法もあるので、気になる作品をチェックしてみてください。...

スポンサードサーチ

『ペッタん娘じゃダメですか?』3巻の感想・考察

桐山が貧乳漫画見てるのを知り、勝ち誇ったような顔をするここの。

マウント取られて悔しくも恥ずかしい桐山。

このやり取りは面白かったです。

しかし、青葉は本当に空気が読めないしデリカシーがないですね。

桐山はここのの事が少し気になり始めているのもあり激怒していました。

途中、青葉とここののシーンがありましたが、最後の方は妄想だったんですね。

店から出たここのを奢ってやるから飲みに行こうと誘う桐山はカッコ良かったです。

ただ、ここのは酒弱すぎですが酔ったここのも可愛かったです。

今回、居酒屋で一線を越えてしまいそうな2人。

次回どうなってしまうのでしょうか?

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも先に『ペッタん娘じゃダメですか?』の最新刊が読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『ペッタん娘じゃダメですか?』3巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

青葉のデリカシーの無さや空気の読めなさに激怒した桐山。

その後、落ち込むここのを慰める為に居酒屋に行った桐山。

そこで一線を越えてしまいそうになります。

果たしてどうなってしまうのか。

もし、同じような微エロ漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ