エロ(R指定なし)

私が15歳ではなくなっても。3巻ネタバレ感想!辛い日常を過ごす2人

この記事では、あむ先生の漫画『私が15歳ではなくなっても。』3巻のネタバレ・感想を紹介します。

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『私が15歳ではなくなっても。』3巻のネタバレ紹介

辛い日常を過ごす2人

「セックスしますか?1回10万で」と問うシイナに青ざめ逃げ出す正太郎。

会社も電話番号も知られてしまった為、人生終わりだと嘆きます。

だが結局1か月経ってもシイナから音沙汰も無いのでした。

あの日の出来事がまるで夢だったかのように正太郎は忙しい日々に戻っていました。

いつものように会社への不満を溜めながらもこの人生を選択したのは自分だと言い聞かせる日々です。

所変わってシイナも普段の生活を送っていました。

学校に着くと上履きの中には大量の画びょう。

こんなのはいつものことだと自分に言い聞かせるシイナでしたが、後ろから現れた同級生には「何でまた登校してきたのか」、「汚れているアンタをトイレで綺麗にしてやろうか」、「一生家で男に媚売ってろよ」等言われ泣きそうになるシイナ。

トイレに行くといじめられる為我慢するシイナでしたが、鞄を開いた時中に蛇の玩具が入っていて驚き椅子から転げ落ちます。

その拍子で漏らしてしまい、更に周りの人たちにも見られてしまった為泣き出します。

そもそものいじめの発端は中学生の頃、人と話すのが苦手で友達のいなかったシイナは日ごろの鬱憤をネットで性的な配信をして発散していました。

ネットの人たちに応援してもらうことで自信を持てていたシイナですが、ある日母親にバレ、ネットの人たちからも馬鹿にされ、更にはネット記事にまでなった為、周りにバレいじめられるようになりました。

高校に進学しても結局そのことがバレてしまい、またいじめられるようになりました。

そんな自分を助けてほしいシイナはたまたま目の前に落ちた正太郎の名刺を見て電話を掛けました。

現実から抜け出したい2人は電車で終点熱海まで向かうことに。

しかし、熱海は今日正太郎の妻朋子が旅行しているので行きたくなかったのですが、あまりに綺麗な海を見てそんなことはそっちのけで海に向かう2人なのでした。

海に到着してはしゃぐシイナを見て普通の15歳の女の子だなと思う正太郎は、なぜパパ活をしているのとシイナに質問しました。

シイナは、海の見える遠い町でお花屋さんを作りたい。

海の見える暖かい丘の上で1年中お花に囲まれて、お金は少なくても豊かに過ごしたい。

自分は他人に誇れることもない人間で私の15歳の体は唯一の価値だから、価値のあるうちにドンと1000万稼いで、遠い町でただ1人で花と海に囲まれて穏やかに過ごしたい。

そういう毎日を生きて、死んでいきたいと正太郎に伝えました。

そんなシイナの言葉を聞き入る正太郎に朋子が「何してるの?」と現れました。

スポンサードサーチ

『私が15歳ではなくなっても。』3巻の感想・考察

今回、シイナの辛い人生が明らかになりました。

中学生でネット配信をしているのが周りにバレいじめられ、とても辛い人生のようです。

そんな毎日を送るシイナと家や会社に不満を溜め込む正太郎。

2人とも辛い人生を送っていますね。

周りのいじめに耐えられなくなったシイナは正太郎に電話し、2人で熱海へ海を見に行くことに。

海に着いてはしゃぐシイナを見て、正太郎はなぜパパ活をするのか尋ねます。

そこでシイナの夢・願望を聞き何とも言えない気持ちになる正太郎でした。

今回は少し重たい内容でした。

しかも最後、妻の朋子に出会ってしまった正太郎。

朋子の顔滅茶苦茶怖かったです。

次回どうなってしまうのでしょうか?

マドカ
マドカ
コミックシーモアなら、どこよりも先に『私が15歳ではなくなっても。』の最新刊が読めますよ!

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『私が15歳ではなくなっても。』3巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

今回はシイナの暗い過去が明らかになりました。

そして、朋子にバレてしまった正太郎はどうなってしまうのでしょうか?

もし、同じような微エロ漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ