モラハラ・DV

君がそれを愛と呼んでも1巻のネタバレ感想!デリヘルがきっかけで思わぬ再会!

この記事では、先生の漫画『君がそれを愛と呼んでも』1巻のネタバレ・感想を紹介します。

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

『君がそれを愛と呼んでも』1巻のネタバレ紹介

デリヘルがきっかけで思わぬ再会!

望月朋和は、大手通信キャリアのセールスアドバイザーとして熱心に働く24歳でした。

しかしプライベートは冴えないただのカメラオタク。

高校からの友人である石田実は、女に免疫のない朋和を気にして勝手にデリヘルを呼びます。

渋々ホテルで待機する朋和ですが、お店のサイトを見ていると、写真が趣味らしい女の子・えあるのことが気になり…。

すると部屋に入ってきたのはえある本人!

すると写真の趣味をきっかけに、とある女子のことを思い出し…。

“もしかして…江野さん?”と尋ねてしまいます!

すると隠しもせず笑顔で肯定し、朋和を”望月先輩”と呼ぶえあるの本名は、江野明日花。

朋和が中学を卒業してから9年ぶりの再会に、話が弾みます。

明日花は構わずプレイを開始しようとしますが、朋和はかつて好きだった子とそんなことをする気になれず、時間が来るまで話をしていたいと言い…。

明日花の父が中3の冬に事故死したこと、今は彼氏と同棲していることを聞かされました。

デリヘルは彼氏公認とのことで、彼氏が悪い男なんじゃないかと朋和は疑います。

しかし明日花に今幸せかと尋ねると、明日花は笑顔で”はいっ”と答えるのでした。

和やかな空気のまま接客時間が終了しましたが、部屋を出た明日花はひっそり涙を流し…。

“だったらなんであの時私の電話を切ったんですか…?”と苦しそうに言います。

仕事を終えて明日花が帰宅すると、部屋で仲間と麻雀に耽る彼氏・砂浦陽平は、明日花の売上を全部受け取ります。

明日花に薄っぺらい感謝を述べますが、麻雀の負け分を払ってくれと3人の相手をさせ…。

3人が帰った後、陽平は明日花に理不尽な暴力を振るいます!

スポンサードサーチ

『君がそれを愛と呼んでも』1巻の感想・考察

薄幸少女との淡い恋の行方は?

かつて好きだった女の子とデリヘルで再会するという切ない展開。

しかも明日花はDV彼氏に搾取されているようで…。

この物語が他の既存作品と違うのは、それに入れ替わり要素が加わるということ!

果たして朋和は、明日花のことを救うことができるのでしょうか?

コミックシーモア公式サイト※都度課金なら登録無料で読めます!

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『君がそれを愛と呼んでも』1巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

もし、同じような微エロ漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ