モラハラ・DV

ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~1巻のネタバレ感想!新婚妻・和香に起きた禁忌の出会い!

この記事では、カルビ佐藤先生の漫画『ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~』1巻のネタバレ・感想を紹介します。

「まんが王国」公式サイトはこちら

スポンサードサーチ

『ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~』1話のネタバレ紹介

新婚妻・和香に起きた禁忌の出会い!

結婚をして1年が経った関口和香は、夫・正貴の社員旅行について行って温泉旅館へ。

しかしモラハラ気味の正貴の機嫌を損ね、宴会場から1人で部屋に戻るよう言われ…。

その道すがらで不思議な音に誘われるまま歩いていくと、縁側で1人、三味線を気持ちよさそうに奏でる男性を発見。

音色の心地よさに聞き入っていたら、男性の方から話しかけられました。

“弾いてみる?”と三味線を手渡され、夫以外の男の人の手を久々に触ったことで和香の胸は高鳴り…!

ところが名前を聞く前に、やって来た正貴に怒られながら和香は連れて行かれるのでした。

旅行を終えた和香たちが帰るのは、正貴の希望で購入したベイエリアのタワーマンション。

そこでもモラハラは止まらず、さらに正貴の洗濯物から女性ものの香水の匂いがし…!

そんな正貴も外面は良く、和香の母親すらその本性を知らず、和香には相談相手がいません。

孤独で胸の痛みに苦しむ和香ですが、なんと三味線の男性から電話が掛かってきます!

名前や電話番号を知られていることに、優しかったはずの彼へ恐怖を覚える和香。

拒めずに会うことになり、約束の喫茶店へと赴きました。

男性は一ノ瀬けいと言い、正貴の上司・一ノ瀬部長の息子だと自己紹介。

そして、和香が学生時代通っていた音楽教室の写真を差し出します。

すると和香は、すごく楽しそうに三味線を弾く7歳下の「けい君」を思い出しました!

20歳で大学生になったというけいと、和香は10年ぶりの再会を喜び合います。

音楽教室はけいの叔父が運営しており、けいも子どもに教える立場とのこと。

けいからイベントで子どもにピアノを教えてほしいと頼まれた和香は、ずっとあった胸の痛みがなくなっていることを自覚します!

”考えてみるね”と返事をしますが…そこで正貴から電話が。

聞けば、和香がマンションに出す書類を間違えたとのことで、つらく当たられてしまい…。

電話をしに席を立った和香の帰りが遅いと、心配したけいが様子を見に行くと、和香が倒れているのを見つけるのでした。

スポンサードサーチ

『ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~』1話の感想・考察

燃え上がるような不倫愛の予感!

少しの間接点があったことで、7歳下のイケメン大学生からお誘いを受けるなんて夢のようなシチュエーション!

しかし正貴はなかなかひどいモラハラ夫ですし、和香も大人しいので先行きに不安しかありません…。

果たしてけいは和香を救い出すことができるのでしょうか…?

「まんが王国」公式サイトはこちら

スポンサードサーチ

まとめ

以上、『ギルト ~君の未来を奪う罪と罰~』1巻のネタバレ・感想考察の紹介になります。

もし、同じような不倫漫画が気になるという方は、以下作品もおすすめですよ(^^

こんな記事もおすすめ