毒親

血の轍11巻の発売日とネタバレ感想!母を罵倒しまくる静一の本音

この記事では、ビッグコミックスペリオール連載の押見修造さん原作『血の轍』11巻の、

  • 発売日
  • ネタバレ感想・考察
  • 無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

スポンサードサーチ

『血の轍』11巻の発売日はいつ?

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『血の轍』の発売ペース

  • 4巻:2018年9月28日
  • 5巻:2019年2月28日
  • 6巻:2019年8月30日
  • 7巻:2019年12月26日
  • 8巻:2020年4月24日
  • 9巻:2020年8月28日
  • 10巻:2021年1月29日

『血の轍』の単行本は約4〜6ヶ月ペースで発売されていることから、11巻の発売日は2021年7月28日頃と予想されます。

こちらは、あくまで予想なの公式発表され次第、更新していきますね!

スポンサードサーチ

『血の轍』11巻のネタバレ

11巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

※88話〜96話まで収録予定。

『血の轍』88話のネタバレ

罵倒する…

静一は静子に対して自分をちゃんと人間として認めてくれていたのかと責め立てると、次々と暴言を吐き始めます。

吹石の手紙を破った事、肉まんとあんまんのどちらも食べさせてくる事、自分を赤ちゃんみたいに思ってキスしてくる事、口の中に指を入れる事、幼稚園では中まで迎えに来たり、靴紐を結ばせてくれなかった事、しげる以外の友達と遊ばせてくれなかった事を責め立てる静一。

最後に自分の体から出ていけと言う静一だったが、静子はここまで静一の言葉を無表情で聞いていたのです。

その表情を見た静一はそういう顔をしておきながら、自分を崖から落として始末するんだ、自分が辛い所は無視するし、自分の喜んでいるところ等を何故見てほしい所は見てくれないと言います。

最後に自分と静子が不幸になるところしか見てくれないんだと言う静一。

そうしたら言われっぱなしだった静子が反撃と言わんばかりに、静一に対して卑怯者、自分を見なさいと言ってきたのです。

『血の轍』89話のネタバレ

静子の視点…

散々罵倒してくれた静一にお返しと言わんばかりに、おかしいのはお前だと言い放つ静子。

続けて静子は静一にしげおの一件を全部静子のせいにしたいだけで、誰も愛していないのは静一だと言い放ちました。

そして本当の自分と静子を見ろと言うと、静一はしげるの事件があった時にまで遡り、静子の視点から事件を見ていたのです。

やがてしげるが落ちた崖へと近づいていき、林を抜けて視界が開けるとそこにはしげるが背を向けた状態で立っていました。

『血の轍』90話のネタバレ

静一の憎悪…

静子の視点から事件を見ていた静一は、背後にいた当時の自分が静子に対して激しい憎悪を抱いているのを知ります。

静一の憎悪を受けた静子は何も言わず、笑みを浮かべるだけでした。

静子から見た自分はこうだったのかと驚く静一。

そんな中、しげるが落ちそうになっていたので静子が助けるも、静一は口にこそ出さなかったが落とせと無言のメッセージを送ります。

その事を察した静子は反論せずに、ただ黙って静一の命令に従ったのです。

『血の轍』91話のネタバレ

全てを察した静一…

しげるを落としたのは静子だが、そうするように指示したのは自分だと言う事を知って愕然とする静一。

そして静子にそうさせたのは自分であり、心の中ではしげるは命を落としたほうがいいと思っていたのかと静一は思います。

更に静子を縛りつけて、苦しめていたのは自分であったのかと静一は悟ると共に謝罪して彼女にキスします。

そして静子を苦しみから解き放つためには、全ての元凶である自分があの世に逝けばいいのではないかと考え始める静一。

そうしたら静子に代わって、幼い静一が出てきて、静子がちゃんと落とさなかったらあの世に逝けなかったから、今度はちゃんと始末してほしいと言いました。

『血の轍』92話のネタバレ

一線を越えた静一…

幼い静一に始末してほしいと言われた静一はその通りにするかのように、静一を持ち上げました。

そして崖に迫っていくうちに、左半身が静子になる静一。

最終的に全裸になって、右半身が静一、左半身が静子になった静一は幼い静一を持ち上げて落とそうとしていました。

しかし、落としたのは幼い静一ではなくしげるでした。

落とされた際、何も言葉を発する事なく落下していくしげる。

しげるが落ちていく姿を静一は笑みを浮かべながら見届けるのでした。

『血の轍』93話のネタバレ

『血の轍』94話のネタバレ

『血の轍』95話のネタバレ

『血の轍』96話のネタバレ

> ここなら安全に『血の轍』2巻分を無料で読めます

スポンサードサーチ

血の轍11巻の感想・考察

反撃開始…?

ここまでは黙って静一の言葉を聞いていた静子でしたが、ここから反撃してきそうですね。

静一はここまでずっと押し殺してきた思いを余すところなくぶつけてきたので、静子も心の中で押し殺してきた事をぶつけるのではないかなと思います。

あの日の真相がわかる…?

しげるの事件はここまでは静一の視点から語られたのですが、静子の視点から見た事件は静一の視点から見たのとは違うのかもしれませんね。

その事から静子の視点から事件を見ると、全く違う真相が飛び出てくる可能性が高いかもしれませんね。

静一が犯人…?

今回の話で、しげるを落としたのは静子なのは間違いありませんが、本当の犯人は静一なのが分かりましたね。

静子の視点から見ていた静一が驚いていた様子でしたので、きっと無自覚に悪意や殺意、憎悪を心の中に抱いていたのでしょうね。

自害する…?

もしかしら、静一は自らの手で死を選ぶのではないかと思います。

静一は事の真相を知って、かなりナーバスになっていますし、自分があの世に逝けば静子が救われるとも考えている状態です。

それ故に今すぐにでも死を選んで、自害するのではないかと思います。

壊れた…?

これは静一の精神が壊れてしまった瞬間だったんじゃないかなと思いますね。

静子の心境を知った静一は、自分は最低な人間であり、静子と同じ道を歩むしか出来ないと思ってしげるを突き落したのではないかなと思います。

しげるを落とした後に笑っていましたので、精神が壊れてしまったのでしょう。

まとめ

以上、『血の轍』11巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

押見修造さんの繊細な絵のタッチと人間のドロッとした部分をもっと感じたい、という場合は以下作品たちもおすすめですよ。

こんな記事もおすすめ